IT トレンド

OpenStack Summit Hong Kong 2013レポート

2013年11月5日から8日まで開催された、OpenStack Summit Hong Kongに参加してきました。 初のアジア圏での開催ということで、以前までのSummitよりも日本からの参加者も多かったように感じられます。全体の参加者は登録ベースで3,000人以上と聞いていますが、もっといたのではないかというくらいの人の多さでした。

中国のOpenStackコミュニティの盛り上がりと各種事例

 

今年は日本でもOpenStackをメインで取り上げたOpenStack Day Tokyo 2013が開催されるなどの盛り上がりを見せていますが、今回のSummitに参加して関心をもったのは、北京、上海のコミュニティが日本のそれと比べても格段に大きいこと、また、ユーザー事例も多数紹介されるなど、すでに実サービスへの適用が始まっていることでした。

中国でインターネットセキュリティの製品やサービスを提供しているQihoo 360社はインフラの敏捷性、拡張性、伸縮性を求めた結果、2012年中頃よりFolsomをベースとしたOpenStack環境を構築し、20のデータセンターで4,000強のインスタンスを、少ないメンバーで運用管理していると言います。また、ホテルやフライト関連のブッキングサービスを提供しているCtrip社ではアプリケーションやWebサービスのインフラだけでなく、開発環境なども含め、OpenStackを利用しているとのことです。

写真:日本、中国のコミュニティ規模

写真:日本、中国のコミュニティ規模

 


 

多数の参加者と多数のセッション ー 充実の4日間

 

キーノートやジェネラルセッションの他に、150以上のブレークアウトセッション、ハンズオンワークショップ、次期バージョン「コードネーム:Icehouse」のデザインサミットが行われるなど、実にたくさんのセッション が開催されました。Expoもあわせて連日会場へ足を運ぶ人々が絶えること無く、非常に盛況なSummitでした。参加者の多くはエンジニアや開発者だと思いますが、その連日の熱気には圧倒の一言です。「Ubuntu」を提供するCanonical社のセッションでは参加者の嗜好調査があり、サーバー仮想化技術では「ESX(VMware ESX)」より「LXC(Linux Container)」、ネットワーク仮想化技術では「NVP(Nicira NVP ※現VMware NSX)」より「Open vSwitch(以下OVS)」に人気が集まるなど、エンジニア好みの選択が多く、面白いものでした。

  


  

様々なメーカーのOpenStackへの取り組みや実例

 

セッションでは、OpenStackのディストリビューションを提供するメーカーや、サーバーメーカー、システムインテグレーターなど多数の企業の製品やソリューションの説明がありました。Red Hat社、HP社、Mirantis社、Brocade社やArista社など、OpenStackの開発や顧客への導入実績をもつメーカーのセッションでは、より深く実践的なテクノロジーやビジネスの説明を聞くことができました。弊社の取り扱い製品でもあるBrocade社はOpenStackの開発を行うと共に、「Brocade ADX」を用いたLBaaSの実例を紹介していました。OpenStackと「Brocade ADX」を用いた結果、インフラのトータルコストを60%ダウンしてサービスを構築できたと言います。Arista社のセッションでは「Neutron ML2」による、Arista製品と「OVS」での最適な「VXLAN」環境の構成について説明がありました。

「Neutron ML2」を使ったArista社の「XVLAN」環境写真:「Neutron ML2」を使ったArista社の「XVLAN」

     環境

  


 

主な関心事、注目を集めるトピック

 

やはり、なんといっても実際にOpenStackがどのように利活用されているか、というところが皆さんの関心の集まるところです。米国からはConcur社や、DigitalFilm Tree社、Shutterstock社の事例が紹介され、PayPal社からは、OpenStackを採用することで彼らのインフラがどのように変化していったか、そのメリットと課題について語られました。メーカーセッションではCanonical社、Red Hat社、IBM社、HP社が今後どのような展開を見せていくかに注目が集まりました。運用面では、OpenStackの悩みどころである冗長構成やプロビジョニング、ベンチマークに関心が集まり、Red Hat社やMirantis社などからPoCの環境ながらいくつかのパターンのテスト結果が発表されました。技術面では、前回でもホットなトピックであったLinuxの分散ファイルシステム「Ceph」の適用ケースやベンチマーク、SDNのセッションー「Neutron」、「OVS」に関するセッションが非常に多く見られました。

  


 

日本国内の状況

 

今年から来年にかけ、今まさに各業種でそれぞれの利用形態に合わせたソリューション検討やPoC、機器選定が始まっているように感じます。業種によってその利用方法や期待する効果は様々で、そのための構成要素も多岐にわたるため、業界の最新情報や動向については常に気を配られていることでしょう。OpenStackに必要なCompute、Storage、Networkそれぞれの視点から、よりベストな構成を選択していく必要があります。

  


 

今後のトレンド、OpenStackを実際に利用するためのハードルと期待

 

このようにいまだ盛り上がりの衰えないOpenStackですが、そのまま簡単に使えるものではありません。今後はSDNとの連携や、PaaSレイヤへの取り組みへの関心が高まっており、それに合わせたオープンソースや各種メーカーの製品も出そろいつつありますが、日本国内においてはまずはインフラを構成する要素のベストプラクティスを明確にしていくことが目下の目標ではないでしょうか。

前述の中国の事例ではネットワークモデルの再構成や、仮想マシンイメージの開発、QoSのインテグレーションやダッシュボードのユーザービリティ向上、最後にバグの修正と、自社のサービスに合わせて利用するには手を加えなければ行けないところが多々あります。また、そのような開発を可能にするベース環境を整えるには、OpenStackの各種サービスや動作を熟知した設計が必要になります。裏を返せば、これらをクリアできる環境であればOpenStackは他に比べるものの無い、オープンで自由度の高い真のクラウドOSであると言えます。そこに利用者の期待があると私は感じています。

  


  

Expoで展示されていた各種OpenStackメーカー

 

OpenStack環境を構築するには、テストや開発環境向けには各種ツールも充実していますが、実際に商用に向けた構築をするためには、オープンソースですべて自社開発・管理・運用を行うか、各種提供メーカーの製品やソリューションを利用し、サポートを受けることが考えられます。どの選択肢が何に向いているかはケースバイケースですが、ここでいくつかの商用製品とサポートを提供するメーカーを、主観を交えたカテゴライズで紹介して終わりたいと思います。

メーカーのアプローチメーカー名
DIY OpenStack オープンソース
パッケージ Canonical, Red Hat, SUSE
システムインテグレーター Mirantis, MetaCloud
ハードウェアアプライアンス Morph Labs
ソフトウェアプロダクト Piston, Cloud Scaling
オールインワン IBM, HP, Dell
その他 Cisco, Rackspace

表:Expoで展示されていた各種メーカー(一部)

  

東京エレクトロンデバイスでは、上記ソフトウェアプロダクトのPiston Cloud Computing社製品に注目しています。OpenStack環境を開始するために、容易な設計と運用管理が可能なアーキテクチャと機能を充実させたソフトウェアプロダクトであり、プライベートクラウドを構築するにはハードルが高いと思われがちなOpenStackをより身近なものにする本製品について、是非お問い合わせください。

 

 

TED.サーチまとめ

OpenStack Summit Hong Kong 2013をレポートしました。まだまだ発展途中のOpenStackですが、そのメリットはすでにたくさんの実例と共に実証されつつあります。OpenStackをどのように採用し、利用するかはお客様次第です。より良いクラウド環境を構成する要素として実際に検討してみることをお勧めします。 

博士からひとこと

東京エレクトロンデバイスではOpenStackの商用製品として、Piston Cloud Computing Inc.の「Piston OpenStack」を紹介しています。すでに海外での実績があり、国内でもPoCが始まっている本製品はお客様の様々なご要件を満たす一つの解であると信じています。是非ご意見ご要望などお聞かせください。
また、東京エレクトロンデバイスでは、お客様の製品評価のお手伝いをするために、社内にPoC環境を用意しています。お気軽にお問合せください。