なるほど!オールフラッシュアレイを徹底解明

近年導入が進み、注目を集めているオールフラッシュアレイ。
Pure Storage社の製品を中心に、関連技術の最新情報など、お役立ち情報を紹介していきます。

基本からわかるオールフラッシュアレイ

コラム 2017.06.21

すべてのデータベースはオールフラッシュへ
オールフラッシュアレイ普及の背景には、SSDに代表されるNAND型フラッシュメモリの大容量化とそれに伴う低価格化があります。そのキーとなるテクノロジーとして注目されているのが3D TLC NANDです … 続きを読む

オールフラッシュアレイPure Storageの魅力

ホワイトペーパー 2017.05.30

DB性能の安定化を10年以上実現する オールフラッシュアレイとは
オールフラッシュアレイの低価格化に伴い「DB性能への投資」という概念は崩れつつあり、すべてのDBシステムでオールフラッシュアレイを導入するのも夢ではありません。DBシステムに求められる3つ … 続きを読む

基本からわかるオールフラッシュアレイ

コラム 2017.06.21

すべてのデータベースはオールフラッシュへ
オールフラッシュアレイ普及の背景には、SSDに代表されるNAND型フラッシュメモリの大容量化とそれに伴う低価格化があります。そのキーとなるテクノロジーとして注目されているのが3D TLC NANDです。今回は、3D TLC NAND技術について紹介します。

詳しくはこちら →

コラム 2017.04.04

Evergreen Storage: 容量とフットプリントの統合
3D TLC NANDに代表される技術によりフラッシュメモリは大容量化が続いており、フットプリントや消費電力あたりの容量効率はますます高まっています。一方、過去に導入した容量密度の低いストレージはそのまま使い続けるしかなく、その恩恵を受けることができません。今回は、Pure Storage FlashArrayを長期利用しながら、フラッシュメモリの進歩のメリットをどのように受容できるのかについて紹介します。

詳しくはこちら →

コラム 2016.11.21

オールフラッシュの普及を加速させるテクノロジー: 3D TLC NAND
オールフラッシュアレイ普及の背景には、SSDに代表されるNAND型フラッシュメモリの大容量化とそれに伴う低価格化があります。そのキーとなるテクノロジーとして注目されているのが3D TLC NANDです。今回は、3D TLC NAND技術について紹介します。

詳しくはこちら →

コラム 2016.09.16

オールフラッシュの普及を加速させるテクノロジー: 重複排除・圧縮
過去10年間におけるストレージの技術革新には、重複排除・圧縮に代表されるデータ削減技術が深く関わり、テープからディスク、ディスクからフラッシュへと、ストレージデバイスの移行を促しています。オールフラッシュアレイの普及も、このデータ削減技術によってもたらされているといっても過言ではありません。今回は、データ削減技術と、VDIにおけるPure Storage FlashArrayでのデータ削減効果を紹介します。

詳しくはこちら →

コラム 2016.05.26

後編「Pure //Accelerate 2016」~イベント参加レポート~
Pure Storage社 初のプライベートイベント「Pure//Accelerate 2016」 参加レポート② Pure Storage社の初のプライベートイベントであるPure //Accelerate 2016が、3月14-15日の2日間、サンフランシスコで開催されました。前回の記事では、フラッシュストレージのはじまりから将来への期待や成長についてお届けしましたが、今回はPure Storageの新製品など最新情報をご紹介したいと思います。 オールフラッシュアレイ・...

詳しくはこちら →

コラム 2016.05.23

前編「Pure //Accelerate 2016」~イベント参加レポート~
Pure Storage社の初のプライベートイベント「Pure//Accelerate 2016」 参加レポート①   Pure Storage社の初のプライベートイベントであるPure //Accelerate 2016が、3月14-15日の2日間、サンフランシスコで開催されました。来場者は22カ国から1400を超える人が集まり、場内は常に盛り上がっていました。また、セッションではユーザー事例の紹介やスポンサーによる関連技術の紹介など多くの情報が発表されてい...

詳しくはこちら →

コラム 2016.03.01

「オールフラッシュアレイ」がエンタープライズストレージにもたらすインパクト
企業が扱うデータ量が増加の一途をたどるなか、ストレージに求められる要件も変わってきています。複数のサーバーでストレージを共有する仮想環境や、膨大なデータの処理に耐えうるデータベースのためのストレージとして、近年一般的になっているのがフラッシュストレージです。

詳しくはこちら →

オールフラッシュアレイPure Storageの魅力

ホワイトペーパー 2017.05.30

DB性能の安定化を10年以上実現する オールフラッシュアレイとは
オールフラッシュアレイの低価格化に伴い「DB性能への投資」という概念は崩れつつあり、すべてのDBシステムでオールフラッシュアレイを導入するのも夢ではありません。DBシステムに求められる3つのストレージ要件とは?10年以上の安定稼働を 実現するデータベースに最適なオールフラッシュアレイとは一体何なのでしょうか。

詳しくはこちら →

コラム 2016.11.11

Evergreen Storage: 最新モデルへのコントローラアップグレード
Evergreen Storageのコンセプトを可能とする要素の一つに、現在利用しているコントローラを上位モデルや最新モデルにアップグレードできるアーキテクチャがあります。今回は、前モデルのFlashArray 400シリーズ (FA-400シリーズ)から現行モデルのFlashArray//mシリーズ(FA-mシリーズ)へのコントローラアップグレードの検証結果を紹介します。

詳しくはこちら →

オピニオン 2016.06.14

非構造化のビッグデータもオールフラッシュアレイを活用する時代がやってきた
2016年は”オールフラッシュの年”と言われるだけあって、市場はハイエンドのみならずミッドレンジやローエンドへと大きく拡大している。ミッドレンジ市場の活性化で、いよいよオールフラッシュが主役になるのだろうか?今後も目が離せないオールフラッシュアレイの最新情報「Pure Storage FlashBlade」が明らかに。

詳しくはこちら →

オピニオン 2016.05.20

エントリークラスでも機能性能は上位製品並み、「FlashArray //m10」の実力とは
高価格が弱点と言われてきたフラッシュストレージは、近いうちにギガバイト単価でハードディスクストレージを下回ると言われており、導入のメリットが高まっています。しかしそのメリットはほんの一部。ギガバイト単価からだけではわからないフラッシュストレージのさまざまな秘密を明らかにしていきます。

詳しくはこちら →

製品紹介 2016.03.29

ついに実現!“10年以上使えるストレージ”がリプレースやデータ移行のコストとリスクを最小にする。
「3~5年の保守期間が終わったら新しい製品に買い替え」——これまで考えられていたストレージ常識が覆されようとしています。最新のストレージを長く使い続けることができれば、リプレースも機会も減り大きなコスト削減も可能。果たしてどのようにして実現できるのでしょうか?

詳しくはこちら →

オピニオン 2016.03.25

ストレージ導入ならフラッシュがもはや当たり前の時代に突入した
高価格が弱点と言われてきたフラッシュストレージは、近いうちにギガバイト単価でハードディスクストレージを下回ると言われており、導入のメリットが高まっています。しかしそのメリットはほんの一部。ギガバイト単価からだけではわからないフラッシュストレージのさまざまな秘密を明らかにしていきます。

詳しくはこちら →

製品紹介 2016.03.01

Pure Storage「FlashArray//m」がもたらすエンタープライズストレージの革新
「FlashArray//m」はPure Storage社が2015年に販売開始した最新モデルのオールフラッシュアレイです。ストレージの性能を向上させただけでなく、同製品ならではの新しい販売モデルや保守プログラムで、これまでにないメリットを実現しています。

詳しくはこちら →

ホワイトペーパー 2016.03.01

オールフラッシュアレイに最適なストレージネットワークを構築 ストレージの3つの接続形態に対応する「ベストプラクティス」とは?
既存のストレージをオールフラッシュにするだけでもパフォーマンスのボトルネックの問題は改善されますが、これだけでは十分ではありません。果たしてストレージへの「接続形態」は適切に構成できているでしょうか?ストレージネットワークの構築に関するベストプラクティスを紹介します。

詳しくはこちら →

Pure Storage導入事例

導入事例 2016.03.01

SSDの恩恵を最大限に享受し、大幅な高速化や運用管理性の向上を実現
広域仮想クラウドサービスを提供する株式会社インテックは、クライアント企業から「バッチ処理を高速化するために速いストレージを利用したい」と具体的な要望を受け、高速ストレージサービスをオプションとして提供することを決定。そのプラットフォームに同社がPure Storageの「FA-400シリーズ」を採用した理由とは?

詳しくはこちら →

導入事例 2016.03.01

桁違いの高速処理と高効率な重複排除でコストパフォーマンスの向上を実現
仮想クライアントソリューションの提供を開始したソネット株式会社は、その基盤の構築に当たり、主に3つの課題に直面。その解決の糸口となったのが「オールフラッシュアレイ」でした。ハードディスク、ハイブリッドストレージなどを始め、さまざまなタイプのストレージがあるなかでオールフラッシュアレイを採用した理由と導入後の効果とは…?

詳しくはこちら →

IT業界の最新動向

技術動向 2016.03.01

金融や電子政府などの活用に期待が高まる“改ざんできず、ダウンしない”ブロックチェーン技術
仮想通貨ビットコインの基幹技術として登場したブロックチェーンが急激に注目を集めています。今後さまざまな用途へ応用できる可能性を秘めたブロックチェーンですが、それを支える基盤には、大量のトランザクションに耐えられるフラッシュストレージが力を発揮します。

詳しくはこちら →