製品情報

DNS/DHCP

DNS(Domain Name System)とは、メールアドレスのドメイン名やWebサイトのホスト名とIPアドレスとの対応を管理するシステムであり、世界中に存在する階層型分散データベースの連携によって成り立っています。ドメイン名・ホスト名をIPアドレスに変換する処理(またはその逆)を「名前解決」と言い、その役割を担っているのがDNSサーバーです。DNSサーバーが停止すると名前解決ができなくなり、インターネットの利用が困難になってしまいます。そのためDNSサーバーには堅牢な専用アプライアンスを採用し、冗長化して設置することが望ましいと言えます。 DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)は、インターネットに接続するコンピュータに対し、IPアドレスやホスト名、デフォルトゲートウェイ、DNSサーバーなどの情報を自動的に割り当てる働きをします。DHCPサービスを提供するDHCPサーバーは一般的なルーターに内蔵されていますが、セキュリティ強度と安定性を高めるために専用アプライアンスを導入する場合もあります。

続きを見る