製品情報

負荷分散/ロードバランサー

ネットワークやそこに接続された情報通信機器は、大量のユーザーが同時にアクセスしたり大容量のデータを送受信したりすると、利用可能な通信帯域を使い切り、ネットワークの応答が遅くなったり接続しにくくなったりします。これを防止するために、ネットワークの負荷を分散する役割を果たすのが「ロードバランサー」です。 ロードバランサーは、ネットワーク経由のリクエストを管理して目的のサーバーにアクセスが集中したとき、同じ機能を備えた複数のサーバーにアクセスを転送するという働きをします。最も単純な構造のロードバランサーは、リクエストを複数のサーバーに順番に割り当てて処理を実行しますが、現在の一般的なロードバランサーはアクセスしているユーザー数やデータ容量、サーバーの状態などを総合的に判断して負荷を分散します。これにより、ネットワークの負荷がキャパシティを超過してサーバーがダウンしたり、応答速度が遅延したりするのを防止する効果が期待できます。

続きを見る