製品情報

マルウェア対策

最も基本的なセキュリティ対策と言えば、インターネット経由で内部ネットワークへ侵入してくるマルウェア(ウイルス、ワーム、トロイの木馬など)対策です。かつてはエンドポイントのPCやサーバーにマルウェア対策(アンチマルウェア)ソフトウェアを導入して対処していましたが、現在はインターネットと内部ネットワークの境界、ゲートウェイに設置して入口/出口でトラフィックを監視し、マルウェアを検知するアプライアンスが一般的になりつつあります。 さらに最近は、マルウェアを検知した場合にネットワークを自動的に遮断・隔離する製品、不正なWebアプリケーションを識別する製品、SSL暗号化された通信の監視に対応した製品なども広く利用されています。既存のマルウェア対策に満足することなく、さらなる強化が求められます。

続きを見る