製品情報

被害特定/標的型攻撃

2015年5月に発生した日本年金機構の個人情報漏えい事件をはじめ、特定の企業・組織を狙った標的型攻撃が後を絶ちません。ターゲットとする企業・組織に狙いを定めた計画的なサイバー攻撃であり、機密情報を窃取するために用意周到な準備による執拗な攻撃を繰り返し仕掛けてくるのが、標的型攻撃の特長です。 標的型攻撃には、何重もの対策を講じなければなりません。マルウェア対策(アンチマルウェア)やファイアウォールなどによる「入口対策」だけでなく、万一侵入を許した場合に備えて内部ネットワークを監視する「内部対策」、さらに内部ネットワークに侵入したマルウェアが外部のC&Cサーバーと交信するのをブロックする「出口対策」も必要です。標的型攻撃の対策は、これらのソリューションを組み合わせることが最善策になります。

続きを見る