製品情報

ネットワーク仮想化/連携

ネットワーク仮想化とは、ネットワークを物理的なインフラから切り離し、論理的に扱うことです。1つの物理的なネットワークを論理的に複数に分割したり、複数のネットワークを1つのネットワークリソースとして利用したりといった機能が提供されます。スイッチ内部で論理的にネットワークセグメントを分割する「VLAN(Virtual LAN)」、あるいはソフトウェアによる定義でネットワークを構築する「SDN(Software-Defined Networking)」などもネットワーク仮想化を構成する技術に含まれます。 例えば、データセンターでマルチテナントに対応した仮想ネットワークインフラを用意する場合、各メーカーのネットワーク製品・インフラと連携できる機能を備えたネットワークスイッチを利用することで最適な環境を構築することができます。

続きを見る