製品情報

VoIP/音声処理ボード

VoIP(Voice over Internet Protocol)は、インターネットなどのIPネットワーク上で音声通話を実現する技術のことです。デジタル符号化・圧縮した音声信号を一定間隔でパケットに変換して転送します。音声をIPネットワーク上のデータとしてやりとりするので、通信回線の長さに関係なく低コストで通話できるという特長があります。 ただし通話品質はネットワークの回線環境に左右され、音声の途切れや遅延が発生する場合があります。こうした通話品質の低下を回避するために、VoIPを利用するネットワークでは音声パケットの帯域を確保して優先的に通信させたり、音声の揺らぎを吸収したりする仕組みを備えたVoIPゲートウェイ装置、従来の電話と同等の音声応対を実現する音声処理ボードなどを導入して対応します。これらのゲートウェイ製品は、IPネットワークと従来のTDM(Time Division Multiplexing=時分割多重化)回線を統合し、スムーズな音声転送を実現するためにも有用です。

続きを見る