この製品の価格やご相談、資料DLはこちらから

お問い合わせ資料DL

お電話でのお問い合わせ0120-039-171

Oracle Corp.

Oracle BerkeleyDB ファミリー

業界最高水準の組み込みデータベース

Oracle BerkeleyDB ファミリー

特長

長年の評価を誇る可用性、耐障害性に優れた組み込みDB

■「Berkeley DB」とは?

「Berkeley DB」は、ミッションクリティカルなリアルタイム・アプリケーションに最適な組み込みデータベースです。350KBからというきわめて小さなフットプリントで動作し、高いスループット、リアルタイム・レスポンス、低レイテンシを実現したほか、マルチスレッドやリカバリー機能もサポートしています。

 

応用範囲は幅広く、携帯電話などの小型デバイスから巨大な株式市場のシステムに至るまで、世界中で約2億台のコンピュータやデバイス上で利用されています。大量のデータを扱いながら高速なレスポンスを実現し、導入後のデータベース管理も不要なことから、数々の大規模ポータルサイトなど、多くのインターネット・サービスでも利用されています。


BSD UNIXのデータベースとして開発された「Berkeley DB」は現在、Linuxのすべてのディストリビューション、そしてMac OS X、Solarisと、動作環境も拡張されています。また、ソフトウェア・ライブラリの形式で提供され、すべてのプログラムソースが完全公開されるため、開発者は安心してアプリケーションに組み込むことができます。

 

■「Berkeley DB」の歴史

「Berkeley DB」は1990年代初頭、カリフォルニア大学バークレー校で誕生しました。UNIXの開発を手がけていたAT&Tのライセンス方針の変更に伴い、BSD UNIX標準のデータベースであった「dbm」に代わる標準データベースとして開発された同製品は、「dbm」のアーキテクチャを継承しつつソースコードが最適化され、キーと値ペアのシンプルな構造をもつ柔軟なデータベースとして評価されました。


その後1990年代後半に入り、Netscapeが自社製品に組み込むデータベースとして「Berkeley DB」を採用しました。今日の「Berkeley DB」の根幹をなす機能のほとんどは、この時期に実装されています。


1996年には、BSD UNIXの開発に深く関わっていた業界のスペシャリストを中心に、「Berkeley DB」の開発を担う企業としてSleepycat Softwareが設立されました。その10年後の2006年2月、オラクル・コーポレーションによる同社の買収を機に、「Berkeley DB」はオラクルの組み込みデータベース製品となりました。

SleepyCatの中心メンバーは、現在もオラクル・コーポレーションの組み込みデータベース部門の中軸スタッフとして、同製品の開発とサポートを継続しています。

 

ラインアップ

お問い合わせ

Oracle製品のお問い合わせはこちら

ダウンロード

Oracle製品の製品・サービス紹介資料、ホワイトペーパー等をダウンロードいただけます