この製品の価格やご相談、資料DLはこちらから

お問い合わせ資料DL

お電話でのお問い合わせ0120-039-171

Palo Alto Networks

次世代ファイアウォール

アプリケーションを識別しアクセスを制御する次世代ファイアウォール

次世代ファイアウォール

概要

今日では、従来型のファイアウォールのようにL4のポート番号で通信を「許可」または「ブロック」するかではなく、アプリケーションを適切に利用しつつ脅威を防御する通信制御が求められています。それを担うのは、アプリケーション、ユーザー、コンテンツの可視化と制御を行い、ビジネスにおけるアプリケーションの安全な活用を約束する「次世代ファイアウォール」です。

その革新的な機能をネットワークからエンドポイントまで広げ、既知および未知の脅威からビジネスプラットフォームを守ります。

 

■革新的な情報漏洩対策

 

革新的な情報漏洩対策

(クリックして拡大)

 

従来のファイアウォールでは、アプリケーションの詳細な特性を認識しない状態でL4のポート番号のみで制御する為、ポリシーによって制御対象としているアプリケーションは利用できなくなる場合が有ります。

しかし、次世代ファオアウォールの「PAシリーズ」なら禁止したいアプリケーションのみを遮断し、認められたアプリケーションを特定の利用者のみに許可することができます。ネットワークのアクセスは情報に基づいて可視化・識別され、利用可能/不可能の二者択一ではなく安全にアプリケーションが利用できる環境を提供します。 

 

■セキュリティ把握

情報漏洩につながる通信をリアルタイムに把握でき、セキュリティ対策をタイムリーかつ容易に検討可能になります。

  • 禁止アプリの利用者を特定
  • 定期的なレポート機能によりネットワーク状況を把握

  • 関連するログ情報をWeb UI追跡

 

ラインアップ

お問い合わせ

Palo Alto製品のお問い合わせはこちら

ダウンロード

Palo Alto製品のホワイトペーパーをダウンロードいただけます