この製品の価格やご相談、資料DLはこちらから

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ0120-039-171

TrapX ,Inc

DeceptionGRID

標的型攻撃者を欺き、資産を守る製品

NEW
DeceptionGRID

概要

昨今、インターネットを通じて特定の企業や団体を狙った標的型攻撃が高度化、巧妙化し、サイバー犯罪への脅威が切実な問題になってきています。標的型攻撃に対する対策として、ファイアウォール、サンドボックスなどの入口対策だけでは十分に対応できているとは言いがたく、脅威を防ぎきれていないのが現状です。

 

TrapXの「DeceptionGRID」は、Deceptionテクノロジーに基づく新しいカテゴリーの製品です。Deceptionとは日本語で「欺くこと」を意味します。オトリとなるサーバーやPCが多数存在するかのように見せかけてアタッカーに攻撃させ、その攻撃手法を偵察して検知・対処するソリュー

ションです。

 

TrapX 概要

 

この「DeceptionGRID」は、アタッカーの侵入を防ごうとする“入口対策”の製品ではなく、侵入された後にどのような対応をしたらよいのかという“内部・出口対策”のソリューションです。また、エージェントレスの為、サーバーやPC環境への影響はなく、運用管理を 簡単に行える製品です。

 

 

NHK 国際報道「広がるサイバー戦争の脅威」にてTrapX Securityが紹介されました。(3分8秒~)

CSIS 米戦略・国際問題研究所 ジェームズ・ルイス氏

「アメリカはサイバー攻撃によって、年間9兆円余りの損害を受けています。

サイバー攻撃が競争力を損なわせ、収益に打撃を与え、日本や欧米諸国の企業にダメージを与えているケースが数多くあるのです。」

 

Trapxビデオ

(放送日:2016年7月4日)

 >>詳しくはこちらから見ることができます

ラインアップ

お問い合わせ

TrapX製品のお問い合わせはこちら

キーワード「被害特定/標的型攻撃」に関連する製品・サービス