この製品の価格やご相談、資料DLはこちらから

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ0120-039-171

ZingBox,Inc.

IoT Guardian

マシンラーニングでIoTデバイスに特化したセキュリティ

NEW
IoT Guardian

概要

センサーやカメラ、家電、自動車など、様々なモノ(デバイス)がインターネットに接続されるようになり、データ通信を実現しています。これらのIoTデバイスは急激に増加しており、2020年には300億個を超えるとも言われています。2016年に発見されたマルウェア「Mirai」によるサイト攻撃のような、IoTデバイスを利用した標的型サイバー攻撃にて甚大な被害が報告されています。しかし、IoTデバイスは「多種多様で膨大にあり、標準化されていない」「省エネ・汎用性を意識した低スペック設計による、リソース不足」などの理由により、有効なセキュリティ対策が実施されていません。

ZingBox社の「IoT Guardian」は、IoTデバイスの通信パターンを独自の機械学習アルゴリズムによって分析し、デバイスの①可視化・識別/②リスク検知/③連携による保護のソリューションを提供します。各IoTデバイスの通信経路に、ZingBoxインスペクターをミラーポートにて追加で設置し、クラウド上の機械学習プラットフォーム(ZingBox Cloud)へメタデータのみを暗号化して転送することで、IoTデバイスの正常動作が自動的に学習されます。通信トラフィックはリアルタイムに監視され、異常動作を検知するとリスクとしてアラート通知します。

 

 

IoT Guardianの概要

 

ラインアップ

お問い合わせ

ZingBox製品のお問い合わせはこちら