ソリューション

ネットワーク構築自動化ソリューション

サーバーやネットワーク等の仮想化環境を迅速かつ的確にデプロイ、管理します。

クラウド事業者の課題

  • 物理、仮想化環境の構築や管理
  • サーバー、ネットワークの構築や追加、変更
  • 保守メンテナンス時のバージョンアップ対応等

 
サーバーやネットワーク等の仮想化環境を迅速かつ的確にデプロイ、管理する必要があります。

インフラ全体を構成管理、自動化できるオーケストレーションツールの必要性

  • オープンであること
  • エージェントレスであること
  • 複数のデバイスをコードで自動化できること
  • OSやミドルウェアの構築を自動化できること
  • 他のツールとも連携できること(OpenStack等)
Ansible OSS オーケストレーションツール
特長 内容
コード 管理対象ノードをPython共通言語で設定管理。
エージェントレス 管理対象ノードに専用エージェントを入れる必要がない。
利用 簡単、すぐに利用可能、管理対象ノードとはSSHで通信を行う。
サーバー、ネットワーク、ストレージの構築自動化からOpenStackとの連携等も可能。
仮想マシンの実行、OSやミドルウェアのインストール等も可能。
実行/処理 多くのタスクをひとつにまとめることができる。条件分岐や繰返処理の制御も可能。
ドキュメント 公式サイトのドキュメント充実している。

 

Arista構築自動化ソリューション

  • サーバーだけでなくスイッチ含めた構築の一連の作業をAnsibleによって自動化することが可能です。
  • エージェントレス、SSHのみを使用、サーバーやスイッチの設定を共通フォーマットで管理することが可能です。
  • ネットワークの情報取得、設定変更からバージョンアップまで全て自動化することが可能です。
  • 運用管理 設定変更履歴、操作履歴の管理等にも対応しています。
  • Aristaのplaybookはwebに公開、コンサルティングサービスでのコード開発にも対応しています。
適用例

ToRスイッチ構築、増設、設定変更、保守作業時の構築をAnsibleによって自動化することができます。


キーワードに関連する製品・サービス

スイッチ