ソリューション

マネージド・クラウド・セキュリティ(MCS)サービス

データ保護・セキュリティ対策を支援する運用・監視サービスをご提供します。

近年では低コストで多機能なクラウドサービスが数多く誕生し、企業・個人を問わずに様々な場面で活用され始めています。しかしその反面、企業が管理・把握していないクラウドサービス利用(シャドーIT)や自社システムへの採用によるセキュリティ対策など新たな課題への対策が求められています。

サービス概要

東京エレクトロンデバイスの「MCSサービス(Managed Cloud Security)」は、クラウドサービス利用における日々の運用や管理、セキュリティリスク監視など弊社がNetskopeを用いて提供する運用・監視サービスです。

Netskopeの運用ノウハウをもったプロフェッショナルによるシステム運用に加え、24時間365日体制でのログ監視・分析やクラウドサービスの利用傾向から潜在リスクを可視化するレポーティング、インシデント発生時の調査支援、24時間365日受付可能なヘルプデスク窓口開設などを提供することで、クラウドサービスの運用における課題の解決や運用負荷の軽減、ガバナンス強化を支援します。

MCSサービス概要

MCSサービスを導入いただくことで、お客様にて高度な知識を持つセキュリティエンジニアの確保を行うことなく短期間での監視体制構築が可能です。またNetskopeの運用ノウハウをもったエンジニアが運用による、お問い合わせ対応やインシデント発生時における対応も迅速に応えます。

特徴

  • 有識者による高度な運用

Netskopeの運用ノウハウをもったプロフェッショナルがポリシー設定や未定義ドメインの追加、アラートメッセージのカスタマイズ、設定管理、ログ抽出などお客様に代わりNetskopeを運用します。

  • 専門部門による監視・分析

弊社オリジナルの標準監視項目テンプレートを基準に、専門部門のエンジニアが24時間365日体制でログ監視・分析を行い、事前に取り決めた異常基準(閾値超過)に従ったアラートを直ちに通知します。

  • インシデント対応支援

インシデント発生時のログ抽出※1を行い調査を支援します。さらにお客様が指定するマネージド・セキュリティ・サービス事業者(MSSP)への連携を行います。

  • 24時間365日の問い合わせ受付

各種設定変更依頼や技術的なご質問、トラブルなど、様々なお問い合わせを受付出来るエンジニアが窓口※2を担当します。

  • リスクアセスメントレポート

問い合わせ内容や利用統計、発生したアラートなどをまとめ、セキュリティエンジニアによる分析レポートを毎月提供します。有償オプションにて、アドバイザーによるお客様の潜在的なリスクや脅威、アラートなどについて傾向分析し対策をコメント付きレポートで提案します。

※1 抽出できるログ期間はライセンスに準じます。

※2 原則日本語での提供となります。

運用の流れ

MCSサービス流れ

 ※3 有償オプションの契約が必要となります。

サービスプラン

  • MCSサービス for Netskope Discovery Package
    - FW/WebProxyログやAPI連携結果をベースとしたリアルタイムのログ監視
  • MCSサービス for Netskope Active Package
    - インラインをベースとしたリアルタイムのログ監視

価格

提供価格につきましては、お問い合わせフォームにてお問合せください。

テナント毎の初期登録費用及びサービス費用をお見積させていただきます。