技術解説

今までにない手法で「未知の攻撃」を防御する
パロアルトネットワークスのエンドポイントプロテクション

すでに多くの経営者が理解していることだろうが、セキュリティ対策は重大な経営課題である。この数年の情報漏えい事故・事件の結果が、それを如実に物語っている。 最も重要なことは、この課題はあらゆる企業に当てはまるということだ。今、企業にはより効果的なセキュリティ対策を打つことが求められている。

最新の攻撃のほとんどはエンドポイントを狙うゼロデイ

セキュリティ対策で重要なことは、まず攻撃者の「クセ」を知ることだ。では、「クセ」とはどのようなものなのだろうか?

第1に、サイバー攻撃者は強固な対策がとられた基幹システムやデータベースの前に、ユーザーのデバイスを狙ってくることだ。技術に詳しいIT部門のスタッフよりも一般社員のほうがだましやすいし、正規のアクセス権を奪取したほうが攻撃は成功しやすい。 ある調査によれば、セキュリティ侵害の7割超が、ユーザーのデバイスを介したものだったという。最近では、マルウェア対策として「サンドボックス」が注目されているが、過信は禁物である。サンドボックスを検出・回避するマルウェアは、徐々に増えてきている。

Palo

ピンチアウトで拡大

続きを読むには、下記より入力フォーム画面へ

Tweet

関連する情報

「マルウェア対策」に関連する製品・サービス