メーカー概要

「I-Gate 4000 SBO-CX」特長詳細

特長
  • ダイアロジックの洗練された帯域およびIPパケット・レート最適化技術の導入
  • VoIP、Nb、IuCSトラフィック・ストリームの自動検出・処理
  • ネットワーク透過
  • 99.99995%可用性
  • 広範囲な送信インフラストラクチャをサポート
■帯域の高節約(セービング)

「I-Gate 4000 SBO-CX」は、オリジナルの音声を維持しながら、サービス・プロバイダまたはエンタープライズ・メディア・ゲートウェイからのVoIPトラフィックと同様に、大幅に3G NbおよびIuCSトラフィックに要求された帯域を削減することができます。また、コントロールまたは管理エレメントへのシグナルを必要とせず自動的にNb, IuCS またはVoIPトラフィックを検出し処理します。

通常、配備されているVoIPおよび3Gモバイル・メディア・ゲートウェイはエンコードおよび無音圧縮のような帯域最適化手法を使用します;しかしながら、これらのシステムの全体的な最適化レベルは比較的低くなります。

対照的に、「I-Gate 4000 SBO-CX」は、オリジナルのトラフィック品質を下げずに、すでに圧縮されたVoIP、NbあるいはIuCSトラフィックを最適化するために特殊な帯域幅最適化アルゴリズムおよび技術を使用しています。

■IPネットワーク最適化

完全なアプリケーションとサービス透過性を提供している間、「I-Gate 4000 SBO-CX」はオリジナルのVoIP、NbまたはIuCSパケット・レート(毎秒パケット数)負荷をかなり減らすことができます。

パケット・レート削減はコアIPネットワーク・ルータ・リソースの解放を支援し、CAPEXとOPEX節約に貢献することに加えて、全体的なサービス品質の強化を支援することができます。

■アプリケーション

-3Gモバイル・メディア・ゲートウェイ相互

「I-Gate 4000 SBO-CX」、転送された呼の品質と信頼性を維持しながら、さらにIPルーター処理リソースとオペレーションをかなり減らすことも可能な状態で、3Gモバイル・メディア・ゲートウェイ(Nbインターフェース)の間に伝送されるNbトラフィック・ストリームの費用効果がよい最適化を可能とします。

「I-Gate 4000 SBO-CX」のRNCと3Gモバイル・メディア・ゲートウェイ(IuCSインターフェース)間のIuCSトラフィック・ストリーム最適化への展開の場合、同様な効果が可能です。

-VoIPメディア・ゲートウェイ相互

オペレーターは、VoIPメディア・ゲートウェイとソフトスイッチを含む次世代のスイッチ・ネットワークを展開しています。いくつかのVoIPメディア・ゲートウェイはしばしば帯域幅消費と毎秒パケット数レートにおいて少ない削減のみを提供する帯域およびIP負荷の最適化手法を使用しています。

メディア・ゲートウェイ間に明確に適合することができ、「I-Gate 4000 SBO-CX」は、転送された呼の品質と信頼性を維持している間、VoIPメディア・ゲートウェイにより生成されるVoIPトラフィックの必要とされる帯域幅およびパケット・レートの更なる削減により、かなりのCAPEXとOPEX節約ができます。

-衛星通信アプリケーション

テレコム・オペレーター、およびVoIP、NbあるいはIuCSトラフィックを高価または帯域幅制限された衛星通信リンクで伝送するサービス・プロバイダのために、「I-Gate 4000 SBO-CX」を使用する帯域最適化システムは、既存の送信インフラストラクチャおよび衛星モデムルーターと同様な高品質サービスを提供している間、帯域リソース、ネットワーク機器および運用において相当な節約を実現できる無二のソリューションを提供します。

-コールセンターおよびエンタープライズVoIP

コールセンター、エンタープライズ顧客およびIPベース音声・データサービスの需要拡大に対する広帯域アクセスの迅速な開発は、それらの送信ネットワーク・インフラストラクチャの利用効率を最大にしようとしているオペレーターの障害となりました。「I-Gate 4000 SBO-CX」は、オリジナルの音声品質を維持しながら、複数のVoIPゲートウェイ間またはIP PBX間でのVoIPセッションを最適化します。それはまた、相当な帯域節約およびVoIPパケット・レート(毎秒パケット数)の削減も提供できます。