メーカー概要

「I-Gate 4000 SBO-MB」特長詳細

特長
  • オリジナル・データ・トラフィックの質および完全性を保存している間にダイアロジックにより開発された特別の帯域幅およびIPパケット割合最適化技術の導入
  • モバイル・バックホール・データ・セッションを最適化する無二の帯域幅最適化アルゴリズムおよび技術の使用
  • 高品質のペイロード最適化およびQoS保護技術のコンビネーション
  • ポイント・トゥ・ポイント、ポイント・トゥ・マルチポイト、ドロップ・アンド・コンティニュー、データ・オフロード、リングなどの複数のトポロジーをサポート
  • ランタイムのGUIベース・マネージメント・システムはトラフィック・ミックス、相対的な帯域幅、およびQoS挙動をレポート
  • 完全冗長1RUによる99.999%の可用性
  • 広範囲な送信インフラストラクチャのサポート
■効率的なモバイル・バックホール最適化

「I-Gate 4000 SBO-MB」は、2G(Abis)および3G(Iub)ストリーム(ATMおよびIPベース)の両方のバックホール・セグメント中の帯域幅を最適化することができます。

AbisおよびIub最適化に加えて、SBO-MBは、同時にVoIPとIPストリームで使用することができ、これらのストリームをすべて最適化し、イーサネットおよび(または)TDMへ最適化されたストリームを送信可能です。

ユニットは現在のバックホール・セグメント内に置かれるので、「I-Gate 4000 SBO-MB」の最適化は、高価な専用線の追加、ファイバーの展開、マイクロ波スペクトル追加、イーサネット・リングへの移行のような他の選択肢ほど高価ではありません。「I-Gate 4000 SBO-MB」は、帯域幅キャパシティを増加させることに対するほかのオプションに追加して使用することも可能で、それらと共存することができます。

キー・パフォーマンス・インジケーター

「I-Gate 4000 SBO-MB」は、どのモバイル・バックホール・インフラストラクチャ・パフォーマンスが測定されたかにより、キー・パフォーマンス・インジケーター(KPI)をモニター・メンテナンスします。

これらは遅延、ジッタ、ビット誤り率および可用性を含みます。

規定されたKPIの注視は、高い加入者QoEの維持、および音声とデータサービスのためのService Level Agreement(SLA)への適合に重要です。

アプリケーション・トポロジー

「I-Gate 4000 SBO-MO」は下記のトポロジーを含む広範囲な展開戦略に対応します。

  • Point to Point(PTP)
  • Point to Multi-Point(PTMP)
  • Drop and Continue
  • Ring
  • Data Offload
「xMSマネージメント・システム」

「xMSマネージメント・システム」は、「I-Gate 4000 SBO-MB」ターミナルのネットワークを管理するため、ネットワーク・オペレータに増強された障害、コンフィギュレーション、パフォーマンスおよびセキュリティ・マネジメント・ツール、プロビジョニングおよびイベント・ハンドリングの為の論理的ステップ・バイ・ステップ・アプローチの使いやすいWebベース・インターフェースを提供します。

xMSは、運用者へ、トラフィック詳述、「I-Gate 4000 SBO-MB」ターミナルの運用情報のリポートの豊富なセットを提供します。さらに、運用者がネットワークをトラブルシュートし、かつ障害の切り分け支援のためにアラームおよびイベント・ハンドリングのメカニズムを提供します。また、ランタイム・コンフィグレーションは、ターミナルのリセットおよびトラフィックの中断の必要なしで、「I-Gate 4000 SBO-MB」の運用パラメータを変更する能力を提供します。