製品情報

Arista | Arista 7000/7100/7200シリーズ(ボックススイッチ)

データセンター(クラウド基盤、仮想化環境)に特化したボックス型10/40ギガビット・イーサネットスイッチ

Arista | Arista 7000/7100/7200シリーズ(ボックススイッチ)

Arista | Arista 7000/7100/7200シリーズ(ボックススイッチ)

データセンター用途に最適化されたスイッチ

「Arista 7000/7100/7200」シリーズは、データセンター特化のボックスタイプの10/40Gigabitのイーサネットスイッチ・ソリューションです。業界最高レベルの低遅延性能を実装するとともに、シンプル設計のハードウェア、フルモジュラー型のネットワークOSによる絶対的な安定稼働を実現、データセンターにおける最適なネットワーク・インフラの確立を可能にします。

また、性能・機能開発をデータセンター要件に特化・シンプル化することによって、同クラスの他社製品と比較しても圧倒的なコスト・パフォーマンスを実現しています。

  • 350ns(7150S-24)という業界最高レベルの低遅延性能を実装
  • シンプルなハードウェア設計、高可用性を備えたフルモジュラー型OSにより絶対的な安定稼働を実現
  • 最先端の汎用チップを採用することにより高性能・低コストを実現
  • 製品・機能開発をデータセンターの要求仕様に特化することにより低コストを実現
  • 業界標準CLIの採用によりシステム管理者の導入・運用負荷を大幅に軽減
  • グリーンITを視野に入れた低消費電力設計(Arista 7050-52/64:ポートあたりの消費電力2W以下)

更に、今後もデータセンター環境において必要となる機能の開発、外部公開しているAPIをベースとした他ベンダーとのソリューション・アライアンスの構築にも力を入れており、データセンターにとって最適なソリューションを提供することが可能です。

  • マルチテナント環境におけるL2ドメインの拡張機能をサポート(VXLAN) (7150/7050Xシリーズ)
  • VMware社製品との連携による仮想化環境におけるネットワークの管理・運用
  • 各種コントローラーメーカーとの連携によるOpenflow対応
  • OpenStackとの連携によるクラウドインフラの管理

主な特長

業界最高レベルの低遅延性能を実装

「Arista 7000/7100/7200」シリーズは、全モデルで低遅延性能を実装しています。特に「7150S-24」は350nsという業界最高レベルの低遅延性能で、アプリケーションが持つ性能を最大限に引き出し、システム全体のパフォーマンスを向上、ユーザーレスポンスを改善します。その結果、データセンターの品質向上につなげることができます。

  • パケットサイズにかかわらず350nsの低遅延性能を実現(7150S-24)
  • L2環境だけでなくL3環境においても同等の遅延性能を実現
  • ユーザーレスポンスを改善し、データセンター品質の向上に貢献

柔軟性・可用性・拡張性を備えたフルモジュラー型ネットワークOS(EOS)

Arista Networks社のネットワークOS(EOS)は、Linuxをベースとした非常にオープンで柔軟性があり、高可用性と高拡張性を兼ね備えたフルモジュラー型のネットワークOSです。

  • 独立したモジュラー構造により、システムを停止することなく新機能追加やパッチ適用(脆弱性対策など)が可能
  • 個々のプロセスを随時モニタリングし、万が一障害が発生した場合でも、プロセス単位での障害検知・自動復旧・リスタートを自律的に行う修復機能により、システムの安定稼働を維持
  • 外部公開しているAPIにより他社ソリューションとの連携を容易に実現

VM Tracer

vCenterとのAPI連携により仮想化環境の可視化、およびネットワークの管理負荷軽減に貢献します。

  • ESXサーバーとVMホストをリアルタイムにトラッキング
  • メーカー名、プロセッサ、NIC、CPU、メモリの使用率などの可視化
  • vMotionの実行時など、VLANを動的に追加、削除
  • 仮想サーバーを接続するために最適なインターフェースの設定を自動適用
  • マルチテナント対応(最大4つのvCenter管理ドメインに接続可能)

MLAG(Multi chassis link aggregation)

シンプルなネットワーク冗長機能で、アップリンク帯域を有効活用し、最適なネットワーク構成を実現します。

  • L2/L3冗長
  • スイッチ跨ぎのリンクアグリゲーション(標準プロトコルの採用)
  • 上位スイッチをActive/Activeで有効活用

ZTP(Zero Touch Provisioning)/ZTR(Zero Touch Recovery)

スイッチの増設、リプレース時における自動プロビジョニング機能

新規にスイッチを増設する際の手間を大幅に削減、サービスインまでの時間を大幅に短縮、
また、ヒューマンエラーを大幅に減少、メンテナンスウィンドウを短縮させる自動化機能です。

  • 必要最低限の作業(ラックマウント、接続、電源オン)でネットワークのキャパシティを増強
  • オンサイト作業者に対するスキルの平準化
  • ヒューマンエラーの可能性を大幅に減少

ZTP

Cloud Vision

マネージメントの集中化を実現する機能

標準プロトコル(XMPP)を採用した一括設定を実現、工数の大幅な削減、迅速なトラブルシュートに貢献します。

  • 大量スイッチに対する一括設定(例) config t, copy run flash:
  • 大量スイッチに対する一括トラブルシュート(例) show mac, show arp, show vmtracer"
  • 大規模データセンターにおける導入作業の簡素化

Cloud Vision

LANZ

ネットワーク内の遅延の可視化機能

パケットロスが発生する前に、遅延を可視化、サービスレベルの向上につなげることができます。

  • スイッチポートにおけるキューの状況をリアルタイムに分析
  • 遅延の発生を、パケットロスが発生する前に検出
  • サブマイクロ秒粒度で、プロアクティブに警告
  • キューの状態に関するデータをストリーム形式でNMSやアプリケーションに通知
  • キューの状態に関するデータをCSV形式でエクスポート

LANZ

VXLAN

マルチテナント環境におけるVMのモビリティを確保

L3環境であってもVXLAN機能を利用し、トンネリングすることで仮想マシン(VM)のモビリティを実現することができます。

  • マルチテナント環境、複数データセンター間のL2ドメイン拡張
  • L2通信をL3レベルでトンネリングし、ステートフルなVMの移動を実現
  • VXLANのエンドポイント(7150S/7050X)

仕様

メーカー情報

キーワードに関連する製品・サービス