製品情報

7500R/7280Rシリーズ (モジュラー型&ボックス 型)

インターネットフルルート対応&ウルトラディープバッファ実装
モジュラー型・ボックス型 10/40/100ギガビット・イーサネット ルーティング&スイッチング統合型製品(コアルータとコアスイッチの統合型製品)

7500R/7280Rシリーズ (モジュラー型&ボックス 型)

7500R/7280Rシリーズ (モジュラー型&ボックス 型)

汎用チップセットで世界初となる
「インターネットフルルート対応の革新的ルーティング&スイッチング統合型製品

■Arista 7500Rシリーズ(7512R/7508R/7504R)

ラインカードをそれぞれ12枚/8枚/4枚搭載可能なデータセンター向けモジュラー型のルーティング&スイッチング統合型製品です。従来製品ではコアスイッチとコアルータを別々に用意する必要が有りましたが、本シリーズではマルチレイヤスイッチとしてのスイッチング性能とポート密度を保ったままインターネットフルルート対応可能なテーブルサイズを実現し、コアスイッチとコアルータを統合する事が可能になりました。

■Arista 7280Rシリーズ(7280TR-48C6 / 7280SR-48C6 / 7280QR-36 / 7280CR-48)

ボックス型スイッチでありながら7500Rシリーズ同様にインターネットフルルート対応可能な圧倒的コストパフォーマンスを備えたDCコア/SPエッジとしても活用可能な製品です。また、7500R同様ウルトラディープバッファを備えている事から、バースト性の高いビッグデータアプリケーションの基盤としての活用や、トラフィック特性的に深いバッファの求められるIPストレージ環境に最適です。

主な特長

これからのDCコア/SPエッジは汎用のチップセットで実現する時代へ

従来型の高価なルーティング製品と比較し、Arista 7500R/7280Rシリーズは汎用チップセットでのインターネットフルルート対応を実現し、圧倒的なコストパフォーマンスを備えます。一方で、Aristaは従来から品質第一のスタンスを貫いており、更には大規模SPでのL3/ECMP環境における実績やBGPピアリングでの実績を積み重ね、ルーティング分野に求められる機能や実績は既に十分な領域に達しています。インターネットフルルートの非常に高速なコンバージェンスや超低消費電力を備えるなど、単にコスト低減が達成出来る以上の効果が期待できる製品です。

  • 汎用チップセットの活路を大規模ルーティング環境へ拡大
  • 他社製品と比較して圧倒的なコストパフォーマンス
  • Aristaの革新的な「FlexRoute」「NetDB」でインターネットフルルートを高速にコンバージェンス
  • 既に米国キャリア等の実績を確立
  • 高可用性・対障害性や使い勝手の良さはそのまま

勿論、従来からのArista製品の特徴であるオープン性・自動化関連機能・プログラマビリティ・高信頼・低遅延・低消費電力などの優位性はそのままに、更なるDC/SPのコスト効率化に貢献します。

<主な用途>

  • 大規模データセンターのコアスイッチ&コアルータ統合
  • サイロ化されたルータ製品の統合
  • BGPピアリング
  • IPストレージ環境
  • HPCクラスター
  • 様々なインフラのコアスイッチ

仕様

メーカー情報

キーワードに関連する製品・サービス

パフォーマンス改善