製品情報

IoT Guardian

マシンラーニングでIoTデバイスに特化したセキュリティ

IoT Guardian

センサーやカメラ、家電、自動車など、様々なモノ(デバイス)がインターネットに接続されるようになり、データ通信を実現しています。これらのIoTデバイスは急激に増加しており、2020年には300億個を超えるとも言われています。2016年に発見されたマルウェア「Mirai」によるサイト攻撃のような、IoTデバイスを利用した標的型サイバー攻撃にて甚大な被害が報告されています。しかし、IoTデバイスは「多種多様で膨大にあり、標準化されていない」「省エネ・汎用性を意識した低スペック設計による、リソース不足」などの理由により、有効なセキュリティ対策が実施されていません。
Zingbox社の「IoT Guardian」は、IoTデバイスの通信パターンを独自の機械学習アルゴリズムによって分析し、デバイスの①可視化・識別/②リスク検知/③連携による保護のソリューションを提供します。各IoTデバイスの通信経路に、Zingboxインスペクターをミラーポートにて追加で設置し、クラウド上の機械学習プラットフォーム(Zingbox Cloud)へメタデータのみを暗号化して転送することで、IoTデバイスの正常動作が自動的に学習されます。通信トラフィックはリアルタイムに監視され、異常動作を検知するとリスクとしてアラート通知します。

主な特長

Zingbox社「IoT Guardian」は、既存システムの変更やIoTデバイスへのエージェントなどのソフトウェアのインストールを伴わないため、短時間での容易なセットアップが可能です。

クラウドにある機械学習プラットフォーム(Zingbox Cloud)には、日々大量のIoTデバイスのデータが送信・蓄積され、数千種類のIoTデバイスを認識可能になっており、認識可能なデバイスも常に増加しています。70種類以上のデバイス分析パラメータにて、自動的にデバイスを可視化・検知する機能は、非常に優れています。管理者は、Zingbox Cloudへブラウザ(Chrome)でアクセスするだけで、シンプル且つタイムリーにIoTデバイスの状況を個々に確認できます。IoTデバイスの異常動作に対してはリスク表示されることによって、マルウェアに感染したIoTデバイスを1台(初期感染)から検知する事ができます。また、リスク分析によるアラート通知は、ファイアウォールやSIEMとの連携を実現し、IoTデバイスへの不正アクセスの遮断や、マルウェアの感染拡張への対策としても有効です。

仕様

本製品に関する詳細は、お問合せフォームにてお問い合わせください。

よくあるご質問

製品について

一番の製品メリットは何ですか。
多種多様なIoTデバイスの可視化(識別)とリスク分析を可能にします。
ライセンス体系を教えてください。
年間サブスクリプション、デイバス単位のライセンスです。

導入について

納期はどのぐらいかかりますか。
ライセンスの発行まで1週間程度かかり、インスペクターの設置(作業は、1台あたり1日)かかります。

機能について

マニュアルはありますか。
個別に提供しておりますので、「お問い合わせフォーム」または「お電話」よりお問い合わせください。
購入済み機器の技術的な質問はどうすればいいですか。
ご購入後 保守契約をご契約のお客様に専用のヘルプデスク窓口をご案内しておりますので、そちらのご連絡先にお問い合わせをお願いいたします。

仕様について

スペックを教えてください。
IoTデバイス数により異なりますので、「お問い合わせフォーム」または「お電話」よりお問い合わせください。

価格について

定価を教えてください。
IoTデバイス数によって異なりますので、「お問い合わせフォーム」または「お電話」よりお問い合わせください。
最小構成価格を教えてください。
最小構成価格については「お問い合わせフォーム」または「お電話」よりお問い合わせください。

サポートについて

導入時の設定作業などを支援するサービスはありますか。
あります。詳細は「お問い合わせフォーム」または「お電話」よりお問い合わせください。
サポートの価格を教えてください
ライセンス費用に含まれます。

障害について

トラブル時の連絡先を教えてください。
トラブル時の連絡先については「お問い合わせフォーム」または「お電話」よりお問い合わせください。

メーカー情報

キーワードに関連する製品・サービス

IoTセキュリティ