製品情報

Zingbox | IoT Guardian

マシンラーニングでIoTデバイスに特化したセキュリティ

Zingbox | IoT Guardian

センサーやカメラ、家電、自動車など、様々なモノ(デバイス)がインターネットに接続されるようになり、データ通信を実現しています。これらのIoTデバイスは急激に増加しており、2020年には300億個を超えるとも言われています。2016年に発見されたマルウェア「Mirai」によるサイト攻撃のような、IoTデバイスを利用した標的型サイバー攻撃にて甚大な被害が報告されています。しかし、IoTデバイスは「多種多様で膨大にあり、標準化されていない」「省エネ・汎用性を意識した低スペック設計による、リソース不足」などの理由により、有効なセキュリティ対策が実施されていません。
Zingbox社の「IoT Guardian」は、IoTデバイスの通信パターンを独自の機械学習アルゴリズムによって分析し、デバイスの①可視化・識別/②リスク検知/③連携による保護のソリューションを提供します。各IoTデバイスの通信経路に、Zingboxインスペクターをミラーポートにて追加で設置し、クラウド上の機械学習プラットフォーム(Zingbox Cloud)へメタデータのみを暗号化して転送することで、IoTデバイスの正常動作が自動的に学習されます。通信トラフィックはリアルタイムに監視され、異常動作を検知するとリスクとしてアラート通知します。

Zingbox概要

主な特長

Zingbox社「IoT Guardian」は、既存システムの変更やIoTデバイスへのエージェントなどのソフトウェアのインストールを伴わないため、短時間での容易なセットアップが可能です。

クラウドにある機械学習プラットフォーム(Zingbox Cloud)には、日々大量のIoTデバイスのデータが送信・蓄積され、数千種類のIoTデバイスを認識可能になっており、認識可能なデバイスも常に増加しています。70種類以上のデバイス分析パラメータにて、自動的にデバイスを可視化・検知する機能は、非常に優れています。管理者は、Zingbox Cloudへブラウザ(Chrome)でアクセスするだけで、シンプル且つタイムリーにIoTデバイスの状況を個々に確認できます。IoTデバイスの異常動作に対してはリスク表示されることによって、マルウェアに感染したIoTデバイスを1台(初期感染)から検知する事ができます。また、リスク分析によるアラート通知は、ファイアウォールやSIEMとの連携を実現し、IoTデバイスへの不正アクセスの遮断や、マルウェアの感染拡張への対策としても有効です。

仕様

本製品に関する詳細は、お問合せフォームにてお問い合わせください。

メーカー情報

キーワードに関連する製品・サービス