ソリューション

DBパフォーマンスお悩み相談所

DBパフォーマンスに関するお客様の環境や課題のヒアリングから調査・分析を行い、改善ポイントをご提案します。

ビジネスの多様化、スピードの高まりにより、DBのデータ量や処理量が増加し、DBパフォーマンス改善に奮闘される方も多いかと思います。
東京エレクトロンデバイスでは、お客様の環境や課題のヒアリングから調査・分析を行い、どのようなソリューションでDBパフォーマンスを改善できるのか、改善ポイントはどこかなどのご提案までを行うDBパフォーマンスお悩み相談を承っています。

Step1

お悩みヒアリング

お客様が抱えられているDBパフォーマンスの課題と改善したい内容について、専任エンジニアが伺います。

<ご用意頂きたい情報>

ご利用DB環境(H/W・DB)、利用年数

           
矢印1

Step2

システム調査

お客様DBシステムにおけるリソース情報を取得させて頂き、調査を行ないます。

<ご用意頂きたい情報>

性能課題がある処理実行時のH/Wリソース使用情報、DB統計情報

           
矢印2

Step3

調査・分析

Step1、Step2で頂いた情報をもとに専任エンジニアが調査・分析を行い、パフォーマンス改善ポイントの洗い出しを実施します。

           
矢印3

Step4

分析結果報告

Step3で調査した内容をもとに、改善ポイントのご提案及び、弊社取扱いソリューションで改善できるアプローチがある場合、

該当ソリューションの適用提案を実施します。


注意点 ・上記、相談サービスは、基本無償提供をしておりますが、システム数、調査範囲により有償サービスとさせて頂く場合がございます。 ・お客様システムの操作は実施致しません。操作実施をご希望頂く場合は、作業内容のご相談の上、別途お見積とさせて頂く場合がございます。


DBパフォーマンス改善のご提案

DBパフォーマンスのボトルネックは様々ですが、
DB処理のI/Oボトルネックが課題となっているケースが多く存在します。DB処理を実行するSQLの改良や、DBのチューニングを実施するというアプローチも考えられますが、H/Wリソースを変えることによりボトルネックを解消することもできます。一般的に
発生しやすいH/WボトルネックはHDDであることは、技術革新の観点から見ても明らかです。

発生しやすいボトルネック

構成品

発生事象

対策

CPU ・高い同時アクセスによる
   CPU使用率高騰
・計算処理等のCPU依存処理が多い
CPUCore数、
クロック
スペックの変更
メモリ ・キャッシュデータ量の増加による
 メモリ不足
・中間結果セット等の増加による
 メモリ不足
メモリ増設
Disk ・ランダムアクセスによるI/Oの高騰
・シーケンシャルアクセスによる
 I/O高騰
Disk増設、
回転率変更、
SSD
H/Wコンポーネント技術革新

 
   

H/Wコンポーネント技術革新

 

 



東京エレクトロンデバイスでは、ソフトウェア・ハードウェア2つの観点から、HDDのI/Oボトルネックの解消をご提案します。

 
ハードウェアアプローチ
SanDisk
PCIeカード型フラッシュ
  • サーバーのPCIe部分に接続
    (RAIDコントローラ上位)
  • DBの全データ・トランザクション領域として利用可能
PCIeカード型フラッシュ02
purestorage
オールフラッシュストレージ
  • シェアードディスク型DBストレージ高速化
  • 仮想環境上DBのioボトルネック解消
  • 重複排除技術を使った効率的なSSD活用
  • 独自保護技術による高い信頼性
オールフラッシュストレージ02

 ↑↑詳細な情報をご希望の方は、各製品ページよりお問い合わせください。↑↑ 

 

キーワードに関連する製品・サービス

パフォーマンス改善