ホワイトペーパー

【ネットワーク】Citrix SD-WAN で実現する「WVD + Citrix Cloud」の価値向上

ニューノーマル時代に適した働き方を再設計する中で、VDI(仮想デスクトップ)をベースにテレワーク環境を構築したいと考える企業が増えています。そうした中で注目されているのが、マイクロソフトが手軽なDaaS(Desktop as a Service)としてAzureから提供しているWindows Virtual Desktop(以下、WVD)です。このWVDにCitrix Cloudを組み合わせることで、エンタープライズに求められる十分なパフォーマンスや可用性、ユーザビリティを得られると、シトリックス社は提唱しています。その導入効果を最大限に高めるためには、WVDリソースがあるAzureとの接続を含む、企業ネットワーク全体の考慮が欠かせません。Citrix SD-WANであれば、細かなアプリケーション識別によるトラフィックの制御や、Microsoft 365通信をファーストパケットからローカルブレイクアウトできるなど、WVD導入時にケアするべきネットワークの課題を解決することができます。

  • WVDの単独利用で注意したい課題とは
  • Citrix CloudでWVDのパフォーマンスと運用管理性を向上
  • ExpressRoute依存によるリスクをいかに解決するか
  • Microsoft 365の通信をより快適にするCitrix SD-WAN
  • シトリックス製品における東京エレクトロンデバイスの強み

WVDの単独利用で注意したい課題とは

手軽にVDIを導入できるDaaSとして、マイクロソフトがAzureから提供しているWVDが注目されています。しかし、いざWVDへの移行を始めた段階になって、注意しなければならない課題が出てくるケースも珍しくありません。
 オンプレミスのデータセンターとAzureを閉域網で結ぶExpressRouteの帯域不足がその1つです。当初の見込み以上にExpressRouteを流れるトラフィックが増大し、各ユーザーのデスクトップ移行を進めている途中段階で帯域を使い果たしてしまうのです。
 

例えばWVDから社外のWebサイトにアクセスする場合、いったんオンプレミスのデータセンターに設置されたファイアウォールを経由してからインターネットに出ていく折り返し通信が頻発してしまいます。さらにエンドポイントセキュリティにおける最新シグネチャーのダウンロードなど、アップデート通信も常にExpressRouteを経由して行われるために帯域を圧迫していきます。
加えてExpressRouteのみに依存した通信は、業務継続性や使い勝手の観点からも大きなリスクとなります。ExpressRouteが単障害点となり、通信障害が万一発生した場合、WVDを利用している業務全体が停止してしまうおそれがあるのです。

Citrix CloudでWVDのパフォーマンスと運用管理性を向上

WVD運用に関する課題の解決策として、まず検討していただきたいのがCitrix Cloudの活用です。Citrix Cloudとはマイクロソフトと包括的なアライアンスを結ぶシトリックス社が提供しているクラウド管理プラットフォームで、VDIの運用管理や信頼性向上のために不可欠となる機能を備えています。
 マイクロソフトがWVDで標準提供しているコントロールプレーン(制御管理部)をCitrix Cloudに置き換えることで、大幅な機能強化・拡張を図ることができます。
 例えばAzure上で動作する仮想デスクトップ本体とユーザー側の端末間の通信を、WVD標準のRDP(Remote Desktop Protocol)からシトリックス社独自のICA(Independent Computing Architecture)プロトコルに変更することで、トラフィック量を約4分の1にまで削減し、結果として圧倒的に優れたVDIのパフォーマンスをユーザーに提供することが可能となるのです。
 

また、Citrix CloudではGUIベースのコンソールやウィザードが提供されているため、仮想デスクトップの作成・設定・参照・変更・エキスポート・インポートなどの基本的な運用オペレーションから、個々のユーザーの利用状況の監視、操作ログの取得、詳細な電源管理、パフォーマンス/トラブル分析に至るまで、あらゆる操作を一元的に行うことが可能となり、WVDの運用管理性を大幅に向上させます。

ExpressRoute依存によるリスクをいかに解決するか

WVDにCitrix Cloudを組み合わせることで上述のようなVDIの課題解決を図れますが、それだけではまだ十分と言い切れません。Azure上で稼働する仮想デスクトップ本体と各拠点でユーザーが利用する端末との間のトラフィックが常にExpressRouteを経由するのでは、Citrix Cloudによってどんなに通信を効率化しても、帯域の消費を抑えるには限界があります。
ExpressRouteが単一障害点となってしまうという問題も残っています。
 さらにテレワークが拡大している昨今、とくに考慮しなければならないのが、Microsoft 365をはじめとするSaaSの運用です。
各ユーザーが自宅やブランチオフィスなどからVDI上で利用している、これらのアプリケーションの膨大なトラフィックがExpressRouteに集中することになるからです。
 すなわち、今後の最適なVDI運用を実現するためには、Microsoft 365などの通信がデータセンターを経由しない仕組みを用意することが大前提となります。