ホワイトペーパー

【ネットワーク】エンタープライズで利用するSD-WAN
 Citrix SD-WAN を選ぶべき理由とは?

 昨今、「Microsoft Office 365」(以下Office 365)に代表されるSaaS(Software as a Service)などのクラウドサービス活用が急速に増え、企業システムのクラウドシフトが加速しています。しかし、その一方で各地の支社や事業所、サテライトオフィスなどの拠点をつなぐWAN 回線がひっ迫し、アプリケーション利用に支障をきたすなど、従来はなかったネットワーク問題が顕在化しています。この課題を解決するべく、東京エレクトロンデバイスはCitrix 社のSD-WAN(Software-Defined WAN)ソリューションを提供しています。

  • SD-WANの動向
  • Citrix SD-WAN の優位性
  • 「TED × Citrix SD-WAN」の導入メリット

SD-WANの動向

クラウドシフトに伴うWAN の課題

企業のWANはこれまで、主に専用線やVPNサービスを使って構築され、利用状況に応じて増強を繰り返してきました。ところが、クラウドの普及により大きく事情が変わり、社内システムへのアクセスのみならず、インターネットアクセスを含めた通信全体を最適化する必要性が高まってきたのです。具体的には下記のような課題が浮上しています。

 

①既存資産の放置・未活用:

WANの可用性を高めるために用意した、メイン回線と同等の高価なバックアップ回線の帯域を有効活用したいという要望が増えている。

②SaaSの活用増加に伴うトラフィック過多:

多彩なSaaSを利用するケースが増えたことで、これまで以上にトラフィック量が増え、WANがひっ迫し、インフラの増強が間に合わないというケースが増えている。

③VDI(仮想デスクトップ)の利用数増加に伴うトラフィック管理の複雑化:

各地の支社や事業所のほか、近年の働き方改革の流れに伴いサテライトオフィスで活動する従業員も増えている。そうしたユーザーに対して、より快適で使い勝手の良いアプリケーションの利用環境を提供するために、VDIやアプリケーション利用時のトラフィックを重要度に応じて制御、管理したいという要望が増えている。

 

これらの課題を解決するのがSD-WAN(Software-Defined WAN)です。その名が示す通り、インターネットアクセスを含むWANの制御をソフトウェア定義によって実現する技術で、「種類の異なる回線を仮想的に束ねて帯域を有効活用」「送信データの暗号化」「送信するアプリケーションを識別して最適にコントロール」「回線状態の管理」といった機能を提供します。

 SD-WANに対するニーズは国内でも急速に高まっており、IT調査会社IDCは、2018年~2023年の5年間における国内SD-WAN市場の年間平均成長率を79.5%と予測、2023年には346億7,200万円の市場規模に達すると見ています(参考資料:国内SD-WAN市場予測を発表/2019年6月24日 https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prJPJ45260019)。

 

エンタープライズクラスのSD-WANを提供するCitrix

 日本全国やグローバルに拠点を展開する企業の要求に応えるSD-WAN を構築するのは容易なことではありません。しかし、そうした中でエンタープライズクラスのSD-WAN ソリューションを提供する数少ないベンダーの1 社として注目されているのがCitrix 社です。
 約20 年前からVDI(仮想デスクトップ)のテクノロジーに注力し、Citrix Virtual Apps and Desktops を提供してきたCitrix は、ユーザーのエクスペリエンスを向上するべく、データセンターと拠点間でやりとりするKVM(キーボード、ビデオ、マウス)の通信トラフィックの高速化に一貫して取り組んできました。そうした中で積み重ねてきた技術とノウハウ、実績が、現在のCitrix SD-WAN に結実しています。
 なお、Citrix SD-WAN ではハイパーバイザー上で稼働する仮想アプライアンスから、10Gbps 以上のネットワーク帯域をサポートするハードウェアアプライアンスまで、幅広いプラットフォームが用意されています。

Citrix SD-WAN の優位性

コスト削減とユーザーエクスペリエンスを両立

Citrix SD-WANは専用線やVPNサービス、インターネットのブロードバンド回線、さらにはモバイル回線まで、種類の異なる複数の通信回線を仮想的に1本に束ねることで、トラフィックの最適な制御や可用性の向上を実現します。これにより、高品質な回線を複数用意しなくても、回線の冗長化や帯域の有効利用を実現し、インフラコストを削減できます。
 ベースとなっているのはDPI(Deep Packet Inspection)という技術で、IPパケットを瞬時に分析することでアプリケーションを識別し、
リアルタイムのパス(通信経路)選択を行います。例えばVDIの画像転送やVoIPなど優先度の高いパケットを優先的に専用線や帯域保証型のVPNサービスに流し、逆に印刷ジョブなど、ある程度待つことができるアプリケーションのパケットはブロードバンド回線に流すという振り分けを行うことができます。

「パフォーマンス改善」に関連する製品・サービス