ホワイトペーパー

【セキュリティ】nCipher HSM がHitachi Europe の指静脈生体認証を保護

金融業界おける文書の電子署名を容易にするBioPKI ソリューションの保護に、nCipher Security がどのように役立っているかご紹介します。

  • 課題: 規制の厳しい業界における画期的な認証技術の保護
  • ソリューション nCipher HSMの役割
  • ソリューションについて
  • nCipher Security について

課題: 規制の厳しい業界における画期的な認証技術の保護

消費者、企業、および政府向け技術の開発で世界をリードするHitachiは、金融業界のデジタル署名に変革をもたらす指静脈生体認証システムにビジネスチャンスを見出しました。

指内部の血管パターンを使用して個人の身元を認証する指静脈技術は、精度と効率の高い高度な生体認証を提供します。Hitachi の技術を金融業界に適用すると、銀行は、データベースに保存された顧客の指静脈プロファイルと指のリアルタイムスキャンを比較することによりユーザーを1 秒未満で認証することができます。指静脈技術を使用することで銀行の紙文書の使用量が減り、紙文書の印刷、スキャン、索引作成、輸送、長期保管、シュレッダー処理に関連するコストを最小限に抑えることができます。


この認証技術の金融部門での成功の鍵を握るのが、生体認証デジタル署名、または従来のデジタル署名に代わるBioPKI のセキュリティです。指静脈BioPKI は生体認証とPKI を組み合わせたもので、銀行の管理部門システムに安全に保存されているユーザーの秘密鍵へのアクセスを指静脈認証を使用して管理します。指静脈技術が金融業界に広く受け入れられるためには、認証プロセス及びそれに関連するすべての保存データを保護する安全性の高いソリューションが必要になることがHitachi にはわかっていました。

ソリューション nCipher HSMの役割

Hitachi Europe は、中東ヨーロッパ(CEE)市場へのBioPKI の導入にnCipher nShield Connect ハードウェアセキュリティモジュールを使用することにしました。指静脈認証のための秘密鍵へのアクセスは認定済みのnCipher HSM により保護されます。これは安全性の高い耐タンパー性の機器で、デジタル署名の作成と秘密鍵の保護を行う銀行の管理部門に置かれます。nCipher 独自のCodeSafe 機能を使用し、HSM の認定されたセキュリティ境界内でカスタム署名作成コードを実行します。

「HSM/鍵管理」に関連する製品・サービス