用語集

ストライピング

Share This

データを複数のハードディスクに分散して書き込むこと。

一般的にはRAIDレベルのRAID0(ストライピング)、RAID1(ミラーリング)を区別する場合に、RAID0を指す呼び名として使われることが多い。
RAID0における「ストライピング」とは、データ転送を高速化するためにディスクに分散して書き込む手法を意味するが、データの冗長化を行うわけではないので、構成する内の1台が故障するとすべてのデータが使えなくなってしまう。

なお、デル・テクノロジーズ社のIsion製品における「ストライピング」とは、純粋に「データを分散して書き込むこと」を意味し、データ転送を高速化すると同時にデータの冗長化も行われるため、構成する内の1台(または設定によりそれ以上)が故障してもデータが保護される仕組みとなっている(RAIDとは異なる独自の手法で、クラスタを構成する複数のノードやディスクにまたがってデータが格納されている)。

« Back to Glossary Index

全 件