ホワイトペーパー

【ストレージ】シンプルに導入できて運用負荷を軽減する「Rubrik Complete Edition」

ハイブリッドクラウドやマルチクラウド環境を取り入れる企業が増える中、IT部門を悩ませているのが「バックアップの複雑化」です。特にIT部門の人材リソースが不十分な中堅・中小企業にとっては、事業継続にかかわる大きな課題となっています。  そんな課題を解決するのが「Rubrik Complete Edition」です。バックアップを自動化することで運用を簡素化するとともに、バックアップデータをクラウドへアーカイブおよび移行を可能にする「Rubrik Complete Edition」の特徴や機能についてご紹介します。

【セキュリティ】データ増大で新機軸が求められるバックアップ。徹底した統合化と効率化がビジネスを支える

ビジネスを支える最も重要な経営資源と言われるデータが今後ますます増えていきます。 万一に備えたバックアップや、いざという時のリストアにおいて、これまでの考え方や方策が通用しなくなる側面が多々あり、いよいよもって新機軸が求められるようになってきました。 顧客の現場を支援し続けてきた東京エレクトロンデバイス(TED)は、世の中の変化や、今後の潮流をどのようにとらえているのかご紹介します。

【セキュリティ】コネクテッドカーのセキュリティを推進

自動車業界のお客様が求める柔軟性とセキュリティ機能を有するEntrust社(旧nChiper社)のnShield HSMがsecunet社の自動車産業向けソリューションを支えた事例をご紹介しています。

【セキュリティ】nCipher HSM がHitachi Europe の指静脈生体認証を保護

金融業界における文書の電子署名を容易にするBioPKI ソリューションの保護に、nCipher Security がどのように役立っているかご紹介します。

【セキュリティ】HCI にリモートアクセス機能を統合した「F5 APM on Nutanix」

 いまだに終息が見通せない新型コロナウイルス感染症のパンデミックを受け、多くの企業が従業員の健康と安全を守りつつ、事業継続性の強化を図るため、テレワーク環境の整備を進めています。そこで欠かせないのは、従業員が自宅で利用する端末をサイバー攻撃の脅威から守るエンドポイントセキュリティの強化です。Nutanix社の HCI (ハイパーコンバージドインフラ) にF5ネットワークス社のリモートアクセス機能を統合した仮想化ソリューション「F5 APM on Nutanix」が、この課題をシンプルなITインフラで解決します。

【ストレージ】仮想基盤に最適な「Veeam×Nutanix AHV」

企業システムではBCP(事業継続計画)やデータ保護、コンプライアンスなど、さまざまな観点からバックアップが欠かせません。しかし、仮想基盤における現在のバックアップ環境には「コストの増大」「運用管理の複雑化」「保守窓口の分散」など多くの弊害が生じています。とくに3Tier型仮想基盤の場合、導入後の拡張にも大きな困難が伴います。これらの課題を解決する方法として、「Veeam × Nutanix AHV」によるバックアップソリューションを紹介します。

【セキュリティ】安心・安全なWeb サービス運用を支援する「F5Advanced WAF」

Webの脆弱性や設計の不備を狙った不正アクセスによる情報漏えい事件は止む気配すら見えません。 しかし、脆弱性のまったくないWebアプリケーションを開発するのは困難です。そこで役立つのがWebアプリケーションファイアウォール(WAF)です。 同ソリューションの1つである「Advanced WAF」は脆弱性を狙った攻撃や不正ログイン、DoS攻撃からWebシステムを保護する多彩な機能を備えています。

【セキュリティ】テレワーク/在宅勤務を実現するために必要なDNSセキュリティとは

テレワークを推進するにあたって課題になるのがセキュリティだ。しかし、近年はクラウドサービスの利用が進んだことで対策も複雑になりがちである。そうしたなか、低コストで効率的なセキュリティを実現するアプローチとして注目を集めているのが「DNSセキュリティ」だ。

【ネットワーク】エンタープライズで利用するSD-WAN
 Citrix SD-WAN を選ぶべき理由とは?

 昨今、「Microsoft Office 365」(以下Office 365)に代表されるSaaS(Software as a Service)などのクラウドサービス活用が急速に増え、企業システムのクラウドシフトが加速しています。しかし、その一方で各地の支社や事業所、サテライトオフィスなどの拠点をつなぐWAN 回線がひっ迫し、アプリケーション利用に支障をきたすなど、従来はなかったネットワーク問題が顕在化しています。この課題を解決するべく、東京エレクトロンデバイスはCitrix 社のSD-WAN(Software-Defined WAN)ソリューションを提供しています。

【セキュリティ】攻撃者の先を行く“プロアクティブな対策” 後手に回る既存のセキュリティ対策を補完する リアルタイム脆弱性診断 と 攻撃予知サービス

 情報漏えい事件がひとたび発生すれば、企業には億単位の損失が生じることもあります。そんな事態を避けるため、多くの企業ではさまざまな側面からセキュリティ対策を講じています。しかしその大半は、攻撃がやってきてから初めて検知・対応を行うリアクティブなソリューションで占められています。攻撃者に常に先を越され、後手に回らざるを得ないような状況を、根本的に変える術は ないのでしょうか。ここでは、そんなプロアクティブな対策を実現する脅威インテリジェンスについて紹介します。

1 2