ホワイトペーパー

【セキュリティ】テレワーク/在宅勤務を実現するために必要なDNSセキュリティとは

テレワークを推進するにあたって課題になるのがセキュリティだ。しかし、近年はクラウドサービスの利用が進んだことで対策も複雑になりがちである。そうしたなか、低コストで効率的なセキュリティを実現するアプローチとして注目を集めているのが「DNSセキュリティ」だ。

【ネットワーク】エンタープライズで利用するSD-WAN
 Citrix SD-WAN を選ぶべき理由とは?

 昨今、「Microsoft Office 365」(以下Office 365)に代表されるSaaS(Software as a Service)などのクラウドサービス活用が急速に増え、企業システムのクラウドシフトが加速しています。しかし、その一方で各地の支社や事業所、サテライトオフィスなどの拠点をつなぐWAN 回線がひっ迫し、アプリケーション利用に支障をきたすなど、従来はなかったネットワーク問題が顕在化しています。この課題を解決するべく、東京エレクトロンデバイスはCitrix 社のSD-WAN(Software-Defined WAN)ソリューションを提供しています。

【セキュリティ】攻撃者の先を行く“プロアクティブな対策” 後手に回る既存のセキュリティ対策を補完する リアルタイム脆弱性診断 と 攻撃予知サービス

 情報漏えい事件がひとたび発生すれば、企業には億単位の損失が生じることもあります。そんな事態を避けるため、多くの企業ではさまざまな側面からセキュリティ対策を講じています。しかしその大半は、攻撃がやってきてから初めて検知・対応を行うリアクティブなソリューションで占められています。攻撃者に常に先を越され、後手に回らざるを得ないような状況を、根本的に変える術は ないのでしょうか。ここでは、そんなプロアクティブな対策を実現する脅威インテリジェンスについて紹介します。

【セキュリティ】SOAR コンセプトで“一段階上”のセキュリティ運用を実現

情報漏えいのような深刻な事態を防ぐには、サイバー攻撃を防御するだけでなく、不審な兆候をいち早く検出して早期に対処、再 発を防止するというセキュリティ運用を回していくことが重要です。しかし多くの現場では、一連の作業が人手頼りとなり、しかも貴 重なセキュリティ技術者が定型的な作業に忙殺されているというのが現状です。これを解決する鍵が、セキュリティ運用にまつわる さまざまな作業を自動化・効率化する「SOAR」(Security Orchestration, Automation and Response)というコンセプトです。ここでは、 このSOAR を実現する「Splunk Phantom」について紹介します。

【セキュリティ】未知の脅威をアクティブに
封じ込める次世代型EDR ソリューション

 サイバー攻撃の手口が日々刻々と高度化・複雑化し続ける現在、エンドポイントを保護するための新しいソリューションとしてEDR(Endpoint Detection & Response)が注目されています。東京エレクトロンデバイスが提供する「SentinelOne Endpoint Protection Platform」は、脅威の検知から対応・修復までを可能な限り自動実行する「Active EDR」というコンセプトに基づいた、次世代エンドポイントセキュリティソリューションです。

【セキュリティ】今までにない手法で「未知の攻撃」を防御するパロアルトネットワークスのエンドポイントプロテクション

すでに多くの経営者が理解していることだろうが、セキュリティ対策は重大な経営課題である。この数年の情報漏えい事故・事件の結果が、それを如実に物語っている。 最も重要なことは、この課題はあらゆる企業に当てはまるということだ。今、企業にはより効果的なセキュリティ対策を打つことが求められている。

【ストレージ】ミッションクリティカルな
システムを支えるピュア・ストレージ社のActiveCluster技術

企業における命題であるBC/DR(災害復旧と事業継続)やITSCM(ITサービス継続性管理)など高い可用性が要求されるミッションクリティカルなアプリケーションは、一般的にシステムの冗長化やレプリケーション等の方法で保護されていますがRPO(目標復旧時点) とRTO(目標復旧時間)の設定と実現は常にシステム設計者の悩みです。 ピュア・ストレージのActiveCluster技術は“RPO /RTO ゼロ” を簡単に実現することが可能な技術です。

【ストレージ】オールフラッシュアレイに最適なストレージネットワークを構築

昨今、企業が処理するデータ量は増大の一途をたどっていますが、HDDの低速なI/O性能がそこでの深刻なボトルネックとなっています。この課題の抜本的な解決策として注目されているのが、 Pure Storage社の「FlashArrayシリーズ」をはじめとするオールフラッシュアレイです。そのポテンシャルを最大限に発揮させるBrocade社製品に焦点を当てながら、今後の共有ストレージ接続のあり方を解説します。