コラム

SentinelOneが EDRの運用負荷の課題を解消できる理由
2021年11月30日 技術解説

SentinelOneが EDRの運用負荷の課題を解消できる理由

テレワークが広まる中、「デバイスからクラウドへの通信」が急増しています。VPN装置を経由せずに直接クラウドアプリケーションを利用する場合、社内ネットワークが提供してきたセキュリティ対策が効かなくなりま...
セキュリティ_EDRをさらに進化したXDRとは?エンドポイント対策の最前線
2021年11月29日 技術解説

EDRをさらに進化したXDRとは?エンドポイント対策の最前線

ランサムウェアによる被害が各所で報じられる中、企業のセキュリティ対策におけるエンドポイントでの重要性がますます高まっています。そうした中で注目を集めているのがEDR(Endpoint Detectio...
記事サムネイル_LogRhythm
2021年11月15日 技術解説

「SIEM運用は難しい」を覆す次世代ソリューション「LogRhythm」とは?

侵入後に社内システムを偵察し、高い権限を奪取して重要なデータを暗号化したり、盗み出したりする巧妙な手口が増えています。こうしたサイバー攻撃をいち早く見つけ、対処する上で有用なのがSIEM(Securi...
Citrix解説記事_現在多くの企業が抱えている悩み
2021年10月22日 技術解説

SD-WANとは何か?企業が抱える課題と導入のメリット

リモートワークの導入やクラウドサービスの活用、セキュリティ強化の観点から、近年SD-WANが注目されています。SD-WANは、既存の企業ネットワーク(WAN)をソフトウェアによって仮想化して柔軟性を高...
ストレージ階層化イメージ(サムネイル)
2021年10月19日 技術解説

【第5回 PowerScale Isilonコラム】PowerScale Isilon SSD・HDDモデルを用途に応じて階層化

私たちが扱うデータの形態は、文書や画像、映像、分析用のビッグデータなど、ますます広がりを見せています。 多種多様なデータを適切に保存・運用していくにはどうすればよいか、IT担当の小駒理さんがお困りの...
Pentera×SentinelOne
2021年10月13日 技術解説

「攻撃者視点」で学ぶ脆弱性対策 自動ペネトレーションテストツールのデモも紹介

サイバー犯罪の攻撃者たちは、ネットワーク機器やソフトウェアの脆弱性、あるいは設定ミスなどに付け入ることで、重要なデータを搾取しようと暗躍しています。日々増え続ける脆弱性と新たな攻撃手法、その全てに人手...
「マルチプラットフォーム対応」へと進化するプログラミング言語たち
2021年09月24日 新野淳一コラム

「マルチプラットフォーム対応」へと進化するプログラミング言語たち

.NET、Kotlin、Dartなどのプログラミング言語は、1つのソースコードでWindowsやMac、Linux、iOS、Androidなどの複数のプラットフォームのアプリケーションが開発できる「マ...
第4回Isilonコラム_ファイルオーバー処理のイメージ
2021年08月30日 技術解説

【第4回 PowerScale Isilonコラム】SyncIQフェイルオーバー/フェイルバックによるBCP(事業継続計画)

昨今、有事の際でもいかに事業を継続できるかが問われる時代になってきており、ご使用中のストレージ製品の可用性について不安を抱えているお客様もいらっしゃるかと思います。 そのようなお客様に是非本記事にて...
36階サムネイル
2021年08月23日 新野淳一コラム

一体化が進むクラウドデータベースとAI/機械学習――その最新トレンドとは?

AI/機械学習処理は大量のデータを扱うことからデータベースと密接な関係にあり、最近ではデータベースエンジンに機械学習機能が組み込まれる例も見られるようになっている。ここでは、機械学習とデータベースの新...
ITシステムへの巧妙化する 攻撃を防御―― 進化するセキュリティチップの動向を追う
2021年06月30日 新野淳一コラム

ITシステムへの巧妙化する攻撃を防御――進化するセキュリティチップの動向を追う

ITシステムへの攻撃は日々巧妙化しており、アンチウイルスやファイアウォールに代表されるソフトウェアのソリューションだけでは防ぎ切れなくなっている。AWSやマイクロソフト、アップルをはじめとする大手ベン...
Isilon第3回コラム_OneFS 8.2新機能でSyncIQのポリシーごとに帯域制限
2021年03月24日 技術解説

【第3回 PowerScale Isilonコラム】OneFS 8.2新機能でSyncIQのポリシーごとに帯域制限

SyncIQとは、Isilonクラスタ間で高速にデータを転送できるレプリケーション機能(非同期)です。 おや?なにやらIT担当の小駒理さんがお困りのようです。
プロセッサの多様化に向かうクラウド―AWSやGoogle、 そしてインテルが目指す世界とは?
2021年03月15日 新野淳一コラム

プロセッサの多様化に向かうクラウド――AWSやGoogle、そしてインテルが目指す世界とは?

大規模データ分析や機械処理、HPC向けといったニーズに応えるため、クラウドプラットフォームが多様なプロセッサを利用する動きが本格化し始めている。
コラムAIや機械学習を用いたアプリ開発支援サービス、その現状と展望とは?
2021年02月02日 新野淳一コラム

AIや機械学習を用いたアプリ開発支援サービス、その現状と展望とは?

AIの発展により自動運転や無人レジなど、さまざまな分野で自動化が進んでいる。それはソフトウェア開発の分野も例外ではなく、すでに少しずつソフトウェア開発の自動化が始まっている。代表的な例を見ていこう。
「ゼロトラスト」なセキュリティが注目される理由とは?
2020年12月22日 新野淳一コラム

「ゼロトラスト」なセキュリティが注目される理由とは?

企業におけるリモートワークの増加などを背景に、「ゼロトラストセキュリティ」と呼ばれる新しいセキュリティの考え方と実装への注目が高まっている。どのような方式で、どうやって構築するのか、概要を紹介しよう。
Isilonコラム第2弾サムネイル
2020年11月11日 技術解説

【第2回 PowerScale Isilonコラム】 PowerScale Isilon トレーニングサービス

東京エレクトロンデバイス(以下、TED)の PowerScale Isilonチームです。 前回のコラムでは、Isilonの機能の紹介や検証結果をアップしましたが、今回のコラムはTEDのサービス...
コラム Isilon OneFSv8.2.2 Packing サムネイル
2020年09月18日 技術解説

【第1回 PowerScale Isilonコラム】OneFS 8.2新機能で小さいファイルをまとめて容量効率改善~Small File Storage Efficiency~

東京エレクトロンデバイス(以下、TED)の PowerScale Isilonチームです。 今回はDell Technologies社 PowerScale Isilon製品(以下、 P...
コラム第31回_サムネイル
2020年09月03日 新野淳一コラム

「ITインフラエンジニア」の新しい姿はプログラマーと見分けがつかなくなる!?

クラウドの登場とインフラのコード化は、ITインフラエンジニアの仕事を現場の力仕事から、テキストエディタを使ったコーディングへと変えていくことになる。
コラム第30回_サムネイル
2020年08月07日 新野淳一コラム

大手ベンダーも本気を見せ始めた「ノーコード/ローコード開発ツール」は定着するのか?

“プログラミングなし”もしくは“少しのプログラミングだけ”で、アプリケーションが開発できるノーコード/ローコード開発ツールの市場に、マイクロソフトやGoogle、Appleといった大手ベンダー企業が本...
0428_2新野さんサムネイル
2020年04月28日 新野淳一コラム

ハイパーコンバージドインフラ市場に登場した2つのトレンド「Kubernetes対応」と「disaggregated HCI」

市場に定着するなど一定の成熟を見たハイパーコンバージドインフラ。ここへ来て2つのトレンドが新たに登場した。1つはサーバーとストレージを分離して、それぞれをスケール可能にする「Disaggregated...
新野淳一氏
2020年03月11日 新野淳一コラム

サーバーレス・コンピューティングの標準化は果たして進むのか?

サーバーレスは注目を集めるクラウド技術である一方、「AWS Lambda」や「Azure Functions」などのクラウドごとに互換性がないため、利用者は特定のクラウドに依存して利用せざるを得ない...
1 2 5