用語集

IDS

Intrusion Detection Systemの略。侵入(Intrusion)を検知(Detection)するシステム。ネットワーク境界に設置されて、ネットワークやサーバーを監視し、通信を調べて不正侵入の兆候を発見する。ネットワーク境界には以前からファイアウォールが設置されていたが、ファイアウォールのパターン検知だけでは検知できない攻撃が出てきたために開発された。異常検出機能などを搭載することでより広範な検査ができる。侵入の兆候をみつけた場合は管理者に通知して対応を促す。かつては多く使われていたが、いまではIPSに置き換わっている。

  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z

全 件