ランサムウェアの脅威から自社を守る
~企業のデータ保護と業務継続を実現する方法とは~

ウェビナー 受付終了

新型コロナウイルスの感染拡大のさ中、これらの混乱に乗じて企業のデータを狙うランサムウェアの被害が世界各地で確認されています。日本も例外ではありません。米社の調査によると、ランサムウエアに感染し、身代金を支払った日本企業の支払額が平均117万ドル(約1億2300万円)に上った、との結果も出ています。

さらに最近では、その攻撃対象はバックアップデータにまで及んでいるため、バックアップデータの保護や迅速なリカバリといった対策が急務となっています。

本ウェビナーでは、そういったランサムウエアの脅威の現状を踏まえ、企業のデータ保護のあり方や業務継続の実現についてご紹介します。

開催概要

開催日時
2021年10月12日(火) 15:00 〜 16:00
会場

オンライン開催(全国どこでも参加が可能)

主催
東京エレクトロン デバイス株式会社
参加費
無料(事前お申込み)
下記フォームよりお申込みください。

※競合企業様、同業他社様のご参加はお断り申し上げることがございます。

※フリーアドレス(Gmail、Yahooメール等)でのお申し込みはお控えいただいております。
恐れ入りますが所属企業のアドレスにてお申し込みをお願い致します。
協賛
ルーブリック・ジャパン株式会社

タイムテーブル

15:00-15:20

ランサムウェアの現状と対応策のあるべき姿

東京エレクトロン デバイス株式会社

15:20-15:40

企業のデータ保護と業務継続を実現する方法

ルーブリック・ジャパン株式会社

15:40-15:50

東京エレクトロンデバイスが提供する
セキュリティソリューション

東京エレクトロン デバイス株式会社

メーカーに関連する情報