[東京]IoT Security Forum 2019

イベント 受付終了

東京エレクトロンデバイスは2019年7月30日(火)~31日(水)に開催される
第4回 IoT Security Forum 2019にゴールドスポンサーとして出展いたします。

開催概要

イベント
第4回 IoTセキュリティフォーラム
IoT Security Forum 2019
~課題分析の深化と信頼できる技術の新展開~
開催日時
2019年7月30日(火)
講演会:9:20~17:45(受付開始:8:50) 展示会:10:20~17:10

2019年7月31日(水)
講演会:9:20~18:10(受付開始:8:50) 展示会:10:20~16:50
会場
御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
・東京都千代田区 神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ 2F
・JR 中央線・総武線「御茶ノ水」駅 聖橋口から 徒歩1分
・東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅 B2出口 【直結】
・東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水」駅 出口1から 徒歩4分
・都営地下鉄 新宿線「小川町」駅 B3出口から 徒歩6分
開催日時
2019年07月30日(火) 09:20 〜 18:10(08:50 受付開始)

タイムテーブル

7月31日(水)

【B2-4】東京エレクトロンデバイス

12:45~13:05 

可視化から始めるIoTセキュリティ

製造・流通業、ヘルスケア、スマートビルディングなどでは、様々なIoTデバイスが使われています。これからIoTデバイスを導入される企業も多い中、既に長期にわたって使用されているレガシーなIoTデバイスも数多く存在し、管理者は、リアルタイムでの資産管理や一元的なセキュリティ施策ができないという課題を抱えています。当社ではその課題に対する解決策として、IoTデバイスの可視化から始め、IoTデバイスのふるまい検知によるセキュリティ脅威検出による対策方法をご説明します。

展示内容

「Zingbox IoT Guardian」は、既に接続・稼働しているIoTデバイスに変更を加えることなく、ネットワーク上でデバイスの通信データを継続的に監視し続け、マシンラーニング技術を用いて自動的に検出・分類・保護をするIoTデバイスのためのセキュリティ対策ソリューションです。千差万別のIoTデバイスに対して、従来の方法では不可能であったセキュリティ対策を一括して実現します。

展示ブースでは、デモンストレーションを交えて実際のセキュリティ対策方法をご説明いたします。

メーカーに関連する情報