メーカー概要

BIG-IPパブリッククラウド構築サービス

企業のクラウド利用状況と課題

 

近年、グローバル規模の競争を勝ち抜くために多くの企業でクラウド活用への取り組みが加速しています。

総務省の発表によると、2018年にクラウドサービスを利用している企業の割合は約6割となっています。

クラウドサービスの利用状況Rev2.0

 

図版1:(出典)総務省 図表3-2-1-19 クラウドサービスの利用状況

http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r01/html/nd232140.html

 

クラウド移行での期待としてコストの削減や運用負荷の軽減がありますが、セキュリティへの不安、スキル、知識が不足しているという課題もあります。

参照:デジタルビジネスを加速する専門情報サイト IT Leaders

https://it.impressbm.co.jp/articles/-/18335

 

 

F5 Networksクラウドへの取り組み

 

そのような課題に対し、BIG-IPはアプライアンスと同じ機能を持った仮想アプライアンスVirtual Editionを提供しています。

オンプレミス環境からクラウド環境へ移行してもL7ロードバランス、iRules等BIG-IPの強みとなる機能がそのまま利用可能です。

また、セキュリティの観点でも、BIG-IPのWAF、ファイアフォールを使用することで、

オンプレミス環境とクラウド環境で同一のセキュリティポリシーで運用する事が可能です。

BIG-IP VE

 

 

F5 Networksクラウド対応状況

 

BIG-IPは市場のクラウド移行に合わせてサポートしているHypervisors/Cloud Platformsを増やしています。

■Hypervisors

 VMware ESX, ESXi, and vCloud Director

 Linux KVM, Xen Project, and OpenStack

 Microsoft Hyper-V

 Citrix Hypervisor (formerly Citrix XenServer)

 

■Cloud Platforms

 Amazon Web Services(AWS)

 Microsoft Azure

 Google Cloud Platform(GCP)

 Alibaba Cloud

 Oracle Cloud Infrastructure

※2019/12時点での情報

最新のサポート状況は下記のメーカーページで確認できます。

https://clouddocs.f5.com/cloud/public/v1/matrix.html

 

BIG-IPパブリッククラウド構成例

 

パブリッククラウド環境ではオンプレミス環境とは異なるネットワーク構成で導入する事が可能です。

東京エレクトロンデバイスではこれまでの構築実績を生かし、パブリッククラウド環境においてもお客様のご要件に合わせて適切な構成をご提案します。

Active-Active構成、Active-Standby構成での構築実績がありますので、お問い合わせください。

Active-Active&Active-Standby

 

 

東京エレクトロンデバイス BIG-IP導入支援サービス

 

東京エレクトロンデバイスではパブリッククラウド環境でもオンプレミス環境と同等のサービス内容を提供しています。

検証技術支援サービス

SE特別支援サービス

設計・構築コンサルティングサービス

iRulesプログラム開発サービス

バージョンアップ・パッチ導入サービス

iRulesトレーニング

BIG-IP運用トレーニング

 

BIG-IPのクラウド移行、またはクラウド環境でのBIG-IPの構築に関してお困りのことがありましたら

弊社までご相談ください。

F5製品のお問い合わせはこちら