コラム

新野淳一コラム一覧 - 東京エレクトロンデバイス

YugabyteDBではクエリが複数のクエリエンジンに自動分散
2024年01月19日 新野淳一コラム

スケールするリレーショナルデータベース「NewSQL」――その登場の背景と仕組みとは?

リレーショナルデータベースはスケーラビリティ(拡張性)に課題を持つとされてきたが、ここ数年、スケーラビリティが強化されたリレーショナルデータベース製品群「NewSQL」が注目を集めている。今回はその登...
パスキーでのログインの仕組み_IT羅針盤
2023年12月07日 新野淳一コラム

普及が始まった「パスキー」のメリットと今後の課題とは?

WindowsやGoogleなども対応したことで本格的な普及の入り口に立ったパスワードレス認証技術「パスキー」について、その仕組みとメリットを解説。さらに、企業などが導入する際の課題と今後の見通しにつ...
WebAssemblyがOS上でも実行可能に-東京エレクトロンデバイス
2023年09月06日 新野淳一コラム

コンテナとの統合の動きも見せる「WebAssembly」の進化とは?クラウドネイティブ最新動向(後編)

クラウドネイティブで注目されている技術といえば「eBPF」と「WebAssembly」。この2つの技術のクラウドネイティブにおける最新動向を紹介する。前編
Introducing Istio Ambient Meshー東京エレクトロンデバイス
2023年07月14日 新野淳一コラム

「eBPF」の利点とその登場が及ぼすクラウドネイティブへの影響とは? クラウドネイティブ最新動向(前編)

クラウドネイティブでいま注目されている技術と言えば「eBPF」と「WebAssembly」が挙げられる。この2つの技術について、クラウドネイティブの視点から、その最新動向を紹介しよう。今回はeBPFの...
ChatGPTのユーザーインターフェイスー東京エレクトロンデバイス
2023年05月18日 新野淳一コラム

AIは業務アプリケーションや開発ツールにどんな進化をもたらすのか?活用が進むAIの近未来とは

「ChatGPT」などに代表される最新のAI(人工知能)は、Officeなどの業務アプリケーションをはじめ、ローコード/ノーコードの開発ツールなどにも搭載され始めている。最新のAIによってどんな機能が...
2022年08月09日 新野淳一コラム

Dockerコンテナと関連技術をやさしく解説 (最終回)Dockerコンテナと関連技術は今後どのように進化していくのか?

これまで5回にわたって「Dockerコンテナ」の技術的な特長をはじめ、オーケストレーションツールとなる「Kubernetes」の役割などについて紹介してきた。最終回となる今回は、それらが今後どのように...
2022年07月06日 新野淳一コラム

Dockerコンテナと関連技術をやさしく解説 (その5)-Dockerコンテナを普及させた「Kubernetesの重要な役割」とは?

Dockerコンテナはあらゆるクラウドで利用できるようになり、事実上、IT基盤の新たな主役の座を射止めた。その背景には、オーケストレーションツールあるいはコンテナスケジューラーと呼ばれる「Kubern...
2022年05月24日 新野淳一コラム

Dockerコンテナの中身が進化!標準化や堅牢性の実現へ -Dockerコンテナと関連技術をやさしく解説 (その4)

Dockerコンテナの仕様には業界標準がある。そして、その標準があることで、Dockerコンテナの中身は登場当初から比べるとさまざまな形で進化してきている。連載4回目の今回は、Dockerコンテナ関連...
2022年03月24日 新野淳一コラム

Dockerコンテナは新技術のゆりかご!サーバーレスやCI/CDの実現へ-Dockerコンテナと関連技術をやさしく解説 (その3)

Dockerコンテナの登場は、新たな応用技術を生み出すことにつながった。連載3回目となる今回は、その代表例であるサーバーレスコンピューティングとCI/CDを紹介する。
2022年02月02日 新野淳一コラム

軽いだけではない!ソフトウェアをパッケージにまとめる機能とは?-Dockerコンテナと関連技術をやさしく解説 (その2)

2013年にDockerコンテナの技術が登場して、今年で9年。Dockerコンテナの技術はITの基盤技術として当たり前のものになろうとしている。連載2回目となる今回は、Dockerコンテナが備える「ソ...
2021年12月14日 新野淳一コラム

なぜDockerコンテナは注目されるようになったのか?ーDockerコンテナと関連技術をやさしく解説 (その1)

2013年に「Dockerコンテナ」の技術が登場して、今年で8年目。Dockerコンテナの技術は、ITの基盤技術として当たり前のものになろうとしている。なぜDockerコンテナは注目され、ここまで普及...
2021年09月24日 新野淳一コラム

「マルチプラットフォーム対応」へと進化するプログラミング言語たち

.NET、Kotlin、Dartなどのプログラミング言語は、1つのソースコードでWindowsやMac、Linux、iOS、Androidなどの複数のプラットフォームのアプリケーションが開発できる「マ...
36階サムネイル
2021年08月23日 新野淳一コラム

一体化が進むクラウドデータベースとAI/機械学習――その最新トレンドとは?

AI/機械学習処理は大量のデータを扱うことからデータベースと密接な関係にあり、最近ではデータベースエンジンに機械学習機能が組み込まれる例も見られるようになっている。ここでは、機械学習とデータベースの新...
ITシステムへの巧妙化する 攻撃を防御―― 進化するセキュリティチップの動向を追う
2021年06月30日 新野淳一コラム

ITシステムへの巧妙化する攻撃を防御――進化するセキュリティチップの動向を追う

ITシステムへの攻撃は日々巧妙化しており、アンチウイルスやファイアウォールに代表されるソフトウェアのソリューションだけでは防ぎ切れなくなっている。AWSやマイクロソフト、アップルをはじめとする大手ベン...
プロセッサの多様化に向かうクラウド―AWSやGoogle、 そしてインテルが目指す世界とは?
2021年03月15日 新野淳一コラム

プロセッサの多様化に向かうクラウド――AWSやGoogle、そしてインテルが目指す世界とは?

大規模データ分析や機械処理、HPC向けといったニーズに応えるため、クラウドプラットフォームが多様なプロセッサを利用する動きが本格化し始めている。
コラムAIや機械学習を用いたアプリ開発支援サービス、その現状と展望とは?
2021年02月02日 新野淳一コラム

AIや機械学習を用いたアプリ開発支援サービス、その現状と展望とは?

AIの発展により自動運転や無人レジなど、さまざまな分野で自動化が進んでいる。それはソフトウェア開発の分野も例外ではなく、すでに少しずつソフトウェア開発の自動化が始まっている。代表的な例を見ていこう。
「ゼロトラスト」なセキュリティが注目される理由とは?
2020年12月22日 新野淳一コラム

「ゼロトラスト」なセキュリティが注目される理由とは?

企業におけるリモートワークの増加などを背景に、「ゼロトラストセキュリティ」と呼ばれる新しいセキュリティの考え方と実装への注目が高まっている。どのような方式で、どうやって構築するのか、概要を紹介しよう。
コラム第31回_サムネイル
2020年09月03日 新野淳一コラム

「ITインフラエンジニア」の新しい姿はプログラマーと見分けがつかなくなる!?

クラウドの登場とインフラのコード化は、ITインフラエンジニアの仕事を現場の力仕事から、テキストエディタを使ったコーディングへと変えていくことになる。
コラム第30回_サムネイル
2020年08月07日 新野淳一コラム

大手ベンダーも本気を見せ始めた「ノーコード/ローコード開発ツール」は定着するのか?

“プログラミングなし”もしくは“少しのプログラミングだけ”で、アプリケーションが開発できるノーコード/ローコード開発ツールの市場に、マイクロソフトやGoogle、Appleといった大手ベンダー企業が本...
0428_2新野さんサムネイル
2020年04月28日 新野淳一コラム

ハイパーコンバージドインフラ市場に登場した2つのトレンド「Kubernetes対応」と「disaggregated HCI」

市場に定着するなど一定の成熟を見たハイパーコンバージドインフラ。ここへ来て2つのトレンドが新たに登場した。1つはサーバーとストレージを分離して、それぞれをスケール可能にする「Disaggregated...
1 2 3