メーカー概要

バックアップ方式

NASや仮想テープライブラリとしての活用も可能

■バックアップ専用NAS: CIFS、NFS

バックアップ用のNASとしてバックアップサーバーから認識させ、バックアップデータを保存します。現状多くのバックアップソフトウェアが重複排除NASへのバックアップをサポートしており、「Data Domain」はその中でも最も多くのバックアップソフトウェアにより認定されています。

ネットワークへの接続は、SANでの接続より簡易に構成できるということもあり、現在では多くのユーザーサイトで実績があります。

「バックアップ専用NAS: CIFS、NFS」説明図

■仮想テープライブラリ: VTL (要ライセンスオプション)

仮想テープライブラリとしてバックアップサーバーにFCで接続しバックアップを取得する事もサポートされています。現状のテープバックアップの運用を変えずにこれまでどおりの運用をしたいといったお客様向けです。

「仮想テープライブラリ: VTL (要ライセンスオプション)」説明図