ホワイトペーパー

【セキュリティ】コネクテッドカーのセキュリティを推進

自動車業界のお客様が求める柔軟性とセキュリティ機能を有するEntrust社(旧nChiper社)のnShield HSMがsecunet社の自動車産業向けソリューションを支えた事例をご紹介しています。

  • 自動車産業のセキュリティ
  • secunetとnCipher︓自動車向けPKIのエキスパート
  • secunet KeyCore︓自動車産業向けの実績あるセキュリティ
  • secunetによる自動車向けPKIプロジェクトのサポート

自動車産業のセキュリティ

secunet社の自動車部門は長年にわたり自動車産業の研究開発に貢献してきました。secunet社は、さまざまな大量生産および量産試作のプロジェクトにおける共同作業で培った幅広い経験を提供しています。secunet社は、車載セキュリティやCASE(コネクテッドカー、自動運転車、カーシェアリング、電気自動車)のセキュリティ、コネクテッドカーのセキュリティといった分野における革新的セキュリティソリューションの開発と実装、ならびに研究および開発前段階の分野でOEMとサプライヤーを支援しています。

secunetとnCipher︓自動車向けPKIのエキスパート

secunet社は、nShieldハードウェア・セキュリティ・モジュール(HSM)の使用により、15年以上にわたって暗号化バックエンドシステムの供給元として自動車産業パートナーの地位を確立してきました。これらのバックエンドシステムの機能は次のとおりです。
° ECUを不正操作から保護するためのコード署名をサポート
° ソフトウェアのアクティブ化/保護のための秘密のコードを生成
° デジタル証明書の生成を有効化
暗号化メカニズムを必要とするコネクテッドカーの事例数は急速に増加しています。その例として、車車間/路車間(V2X)通信、ソフトウェア/ファームウェアの無線アップデート、eモビリティなどが挙げられます。この流れは、公開鍵インフラストラクチャ(PKI)を使用した包括的なセキュリティソリューションの使用を推進しています。