製品情報

HashiCorp | Nomad(ノマド)-東京エレクトロンデバイス

HashiCorp | Nomad

アプリケーションワークロードオーケストレーター

HashiCorp | Nomad

プロセス全体を自動化・最適化・効率化

Nomadはコンテナのみならず、非コンテナのアプリケーションを、クラウドからオンプレミスに渡って大規模にデプロイし管理するための、シンプルで柔軟性のあるスケジューラーおよびワークロードオーケストレーターです。お客様のアプリケーションデプロイメントプロセスに宣言的Infrastructure-as-Codeを利用できるようにし、プロセス全体を自動化・最適化・効率化します。

主な特長

コンテナやレガシーなアプリケーションをサポート

Dockerコンテナをはじめとして、QEMU仮想マシン、Windowsアプリケーション、Linuxアプリケーション、Javaアプリケーション、コマンドラインなどアプリケーションの様々な形式に対応しています。

これらアプリケーションのスケジューリングとオーケストレーションにより、システムリソースの利用効率最大化、APIドリブンの自動化、自動障害対応によるアプリケーションの信頼性向上、といったメリットを得られます。

モダンアプリケーションアーキテクチャのためのソリューション

モダンアプリケーションの実装形態であるマイクロサービスアーキテクチャやサービス志向アーキテクチャ(SOA)では、従来型アプリケーションの実装形態であった「大規模なアプリケーションが動作する少数のワークロード」ではなく、「少数のサービスが動作する数百数千のワークロード」を管理する必要があります。

NomadはHashiCorp Consulと連携することで、ワークロードのオーケストレーションに伴うサービスの登録やコンフィグレーションも自動化することが可能となり、モダンアーキテクチャアプリケーションの運用における理想的なソリューションとなります。

  

ワークロードのバッチデプロイ

Nomadのアーキテクチャはワークロードのスケールアウトを容易にして、リソース全体の同時スケジューリングを可能にします。これにより、ワークロードのデプロイというジョブを大規模にバッチ処理可能になり、秒間当たり数千コンテナのデプロイメントを可能とします。

  

マルチリージョン・マルチクラウドの統合型デプロイ

クラウドだけではなく、オンプレミスを含めたマルチリージョン・マルチクラウド・マルチデータセンター環境でのスケジューリングとオーケストレーションをサポートします。

オンプレミスのベアメタル、VMwareやOpenStackといった仮想基盤、様々なパブリッククラウドへのデプロイメントを、単一のテクノロジーとプラットフォームで実現します。これにより、段階的なクラウドマイグレーションや、バースト処理にクラウドを利用するといったことが容易になります。

Nomadで実現するスケジューリングとオーケストレーション

様々なアプリケーションをサポート

コンテナアプリケーションをはじめ、非コンテナである仮想マシンやレガシーアプリケーションまで幅広くサポートします。

アプリケーションデプロイのIaC

アプリケーションデプロイにIaC(Infrastructure-as-Code)を適用することで、IaCがもたらすバージョン管理や共用・再利用など様々なメリットを享受できます。

モダンアプリケーションアーキテクチャに最適

様々なサービスのワークロードを一括でデプロイ可能とします。特にConsulと連携することで、ネットワークやコンフィグレーションを含めた広範囲で、モダンアプリケーションアーキテクチャに求められる自動化を実現します。

マルチリージョン・マルチクラウド・マルチデータセンター戦略

クラウドやオンプレミスなどロケーションやインフラに依存しないアーキテクチャにより、様々なインフラを単一のテクノロジーとプラットフォームによりスケジューリングとオーケストレーションできます。

アプリケーションの高信頼性

サービスワークロードの障害検知と自動復旧機構により、アプリケーションの信頼性を向上させます。

大規模なデプロイ

広範囲のインフラでスケジューリングを行い、スケーラビリティを持ったアーキテクチャにより、大規模なデプロイメントを容易に実現します。

インフラのリソース利用効率を最大化

スケジューリング機能によるシステムリソースの利用状況把握と最適なデプロイメント先の判断により、インフラ全域に渡ってリソースの利用効率を最大化します。

 

エンタープライズレベルのガバナンスやポリシー制御

有償版であるNomad Enterpriseでは無償利用可能なOSS版に無いガバナンスやポリシー制御など、エンタープライズクラスの運用を実現する機能を提供しています。

Nomad Enterpriseを選択する理由

ガバナンス要件やリソースポリシーを定義

複数ネームスペースで運用しているVaultと連携

 

    Nomad OSS Nomad Enterprise

概要

 

基本機能を提供する、無償利用可能なパッケージ

エンタープライズクラスの要件に対応するための機能を実装した有償パッケージ

製品情報

提供形態

ソフトウェアパッケージ

ソフトウェアパッケージ

デプロイ先

お客様のインフラ

お客様のインフラ

クラウドへデプロイ

オンプレミスへデプロイ

アプリケーションデプロイメント

 

コンテナ

Java

QEMU2

バイナリ

コマンド

アプリケーションデプロイのIaC

プラットフォームのハードウェア検知(GPU

プラットフォームのハードウェア検知(FPGA

Consul連携

スケジューラー

プラットフォームのリソースモニタリング

リソース空き状況に基づくデプロイメント

アプリケーションのオートスケーリング

動的アプリケーションサイジング

 

Nomadクラスターのオートスケーリング

アプリのマルチロケーション

オンプレミス

クラウド

マルチクラウド

マルチデータセンター

マルチリージョン

 

運用

自動アップグレード

 

自動バックアップ

 

リードオンリースケーラビリティ

 

アベイラビリティゾーン

 

Vaultの複数ネームスペース対応

 

ガバナンス&ポリシー

監査ログ

 

Policy-as-Code機能Sentinelの利用

 

ネームスペースごとのリソースクォータ

 

サポート

弊社によるEメールおよび電話でのサポート

 

仕様

本製品に関する仕様はこちらからお問い合わせください

メーカー情報

「ネットワーク仮想化/連携」に関連する製品・サービス