ホワイトペーパー

【ストレージ】Microsoft Azure とオンプレミス
から構成されたハイブリッド / マルチクラウド
環境における柔軟なデータ移行を Veeam で
シンプルに実現

パブリッククラウドとオンプレミスを併用したハイブリッドクラウド、複数のクラウドを適材適所で活用するマルチクラウドの導入が広がる昨今、これらの異なるプラットフォーム間でのシステム移行やデータの可搬性を担保するデータモビリティが重要視されています。これらの課題を解決する方法として「Veeam×Microsoft Azure」を活用したソリューションを検証結果も交えながら紹介します。

  • 柔軟なデータモビリティを実現する 「Veeam」
  • データの長期保存とモビリティに関する課題とその解決
  • マルチクラウドに対応したデータモビリティを実機検証
  • まとめ

柔軟なデータモビリティを実現する 「Veeam」

Veeam は、 増大する業務データのバックアップ、 バックアップデータの長期保管、 さらに Microsoft Azure をはじめとする主要なクラウドとオンプレミス間での特定の環境へのデータモビリティに優れています。
 この強みを生かすことで、 データをオンプレミスからクラウドへ移行したり、 移行したデータをオンプレミスに復元したりといった柔軟なデータモビリティを容易に実現できます。

データの長期保存とモビリティに関する課題とその解決

 通常のバックアップはオンプレミスに設置したストレージにデータを保存しますが、 昨今はデータ量が爆発的な勢いで増大しています。 また、 それらのデータの中にはすぐに業務で利用するわけではないものの、 内部統制の証跡としてコンプライアンス目的で長期的に保存 (アーカイブ) しなければならないものも存在します。 こうしたバックアップデータを、 オンプレミスの高価なストレージに保存し続けることはコストの観点からも得策とは言えません。

「バックアップ」に関連する製品・サービス