コラム

新野淳一氏
2016年08月30日 新野淳一コラム

先進的な企業が本気で取り組み始めた「チャット」の持つ可能性

チャットは「人と人のコミュニケーションツール」としてだけでなく、「言葉の通じるコンピュータとのインターフェース」としても発展しようとしています。それを主導しているのが、チャットのプラットフォーム化、機...
新野淳一氏
2016年07月12日 新野淳一コラム

普及期を迎えたフラッシュストレージの「現在と将来像」

ストレージベンダー最大手のEMCが今年、フラッシュストレージの価格がハードディスクドライブ(HDD)より安価になる分水嶺を越えたと発表、ストレージ業界はフラッシュストレージの本格的なメインストリーム時...
非構造化のビッグデータもオールフラッシュアレイを活用する時代がやってきた
2016年06月14日 フラッシュアレイ専門コラム

非構造化のビッグデータもオールフラッシュアレイを活用する時代がやってきた

2016年は”オールフラッシュの年”と言われるだけあって、市場はハイエンドのみならずミッドレンジやローエンドへと大きく拡大している。ミッドレンジ市場の活性化で、いよいよオールフラッシュが主役になるのだ...
Cricket Liu 氏によるDNSサイバー攻撃対策セミナーレポート
2016年06月09日 技術解説

Cricket Liu 氏によるDNSサイバー攻撃対策セミナーレポート

去る6月9日にInfoblox社のチーフDNSアーキテクトを務めるクリケット・リウ氏が来日し、Infoblox社主催でセミナーが開催されました。
「Pure //Accelerate 2016」~イベント参加レポート~
2016年05月26日 フラッシュアレイ専門コラム

後編「Pure //Accelerate 2016」~イベント参加レポート~

Pure Storage社の初のプライベートイベントであるPure //Accelerate 2016が、3月14-15日の2日間、サンフランシスコで開催されました。前回の記事では、フラッシュストレー...
「Pure //Accelerate 2016」~イベント参加レポート~
2016年05月23日 フラッシュアレイ専門コラム

前編「Pure //Accelerate 2016」~イベント参加レポート~

Pure Storage社の初のプライベートイベントであるPure //Accelerate 2016が、3月14-15日の2日間、サンフランシスコで開催されました。来場者は22カ国から1400を超...
エントリークラスでも機能性能は上位製品並み、「FlashArray //m10」の実力とは
2016年05月02日 フラッシュアレイ専門コラム

エントリークラスでも機能性能は上位製品並み、「FlashArray //m10」の実力とは

高価格が弱点と言われてきたフラッシュストレージは、近いうちにギガバイト単価でハードディスクストレージを下回ると言われており、導入のメリットが高まっています。しかしそのメリットはほんの一部。ギガバイト単...
ついに実現!“10年以上使えるストレージ”が リプレースやデータ移行のコストとリスクを最小にする。
2016年03月29日 フラッシュアレイ専門コラム

ついに実現!“10年以上使えるストレージ”が リプレースやデータ移行のコストとリスクを最小にする。

「3~5年の保守期間が終わったら新しい製品に買い替え」——これまで考えられていたストレージ常識が覆されようとしています。最新のストレージを長く使い続けることができれば、リプレースも機会も減り大きなコス...
ストレージ導入ならフラッシュがもはや当たり前の 時代に突入した
2016年03月25日 フラッシュアレイ専門コラム

ストレージ導入ならフラッシュがもはや当たり前の 時代に突入した

高価格が弱点と言われてきたフラッシュストレージは、近いうちにギガバイト単価でハードディスクストレージを下回ると言われており、導入のメリットが高まっています。しかしそのメリットはほんの一部。ギガバイト単...
「オールフラッシュアレイ」がエンタープライズストレージにもたらすインパクト
2016年03月01日 フラッシュアレイ専門コラム

「オールフラッシュアレイ」がエンタープライズストレージにもたらすインパクト

企業が扱うデータ量が増加の一途をたどるなか、ストレージに求められる要件も変わってきています。複数のサーバーでストレージを共有する仮想環境や、膨大なデータの処理に耐えうるデータベースのためのストレージと...
オールフラッシュアレイに最適なストレージネットワークを構築 ストレージの3つの接続形態に対応する「ベストプラクティス」とは?
2016年03月01日 フラッシュアレイ専門コラム

オールフラッシュアレイに最適なストレージネットワークを構築 ストレージの3つの接続形態に対応する「ベストプラクティス」とは?

既存のストレージをオールフラッシュにするだけでもパフォーマンスのボトルネックの問題は改善されますが、これだけでは十分ではありません。果たしてストレージへの「接続形態」は適切に構成できているでしょうか?...
金融や電子政府などの活用に期待が高まる“改ざんできず、ダウンしない”ブロックチェーン技術
2016年03月01日 フラッシュアレイ専門コラム

金融や電子政府などの活用に期待が高まる“改ざんできず、ダウンしない”ブロックチェーン技術

仮想通貨ビットコインの基幹技術として登場したブロックチェーンが急激に注目を集めています。今後さまざまな用途へ応用できる可能性を秘めたブロックチェーンですが、それを支える基盤には、大量のトランザクション...
Pure Storage「FlashArray//m」がもたらす エンタープライズストレージの革新
2016年03月01日 フラッシュアレイ専門コラム

Pure Storage「FlashArray//m」がもたらす エンタープライズストレージの革新

オールフラッシュアレイの登場により、エンタープライズストレージにさまざまな革新がもたらされています。ストレージ性能の向上といった技術的な進歩だけではなく、ビジネスモデルも大きく変わり、エンタープライズ...
新野淳一氏
2016年02月02日 新野淳一コラム

注目を浴びる「Dockerコンテナ」、従来の仮想化と何が違うのか?

2016年は、コンテナ型仮想化として知られる「Docker」がエンタープライズにも本格的に普及する年となるでしょう。とくにDocker対応を果たした「Windows Server 2016」の登場は、...
新野淳一氏
2015年12月07日 新野淳一コラム

勢いを増すクラウド基盤ソフトウェア「OpenStack」。果たして、どのようなソフトウェアなのか?

オープンソースとして開発されているクラウド基盤ソフトウェア「OpenStack」の勢いが増しています。2015年10月に東京で開催された「OpenStack Summit Tokyo」には5000人を...
谷川耕一氏
2015年10月23日 IT記者の目線

バズワードからの脱却、ビッグデータ活用はデータを溜め込まない第2フェーズへ

日本で「ビッグデータ」という言葉が使われ始めたのは2011年頃からだろう。 当初は“バズワード”とも言われ、実体感が伴わないなか、ベンダーが先行する形でマーケティング用語などとして利用した。とはいえ...
新野淳一氏
2015年10月13日 新野淳一コラム

「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ」という、統合サーバーの新潮流が登場

サーバーとストレージを統合した新しい形態のシステムインフラ「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ」が注目を集め始めています。小型でシンプルかつ高いスケーラビリティを持つというその仕組みは、「Sof...
新野淳一氏
2015年08月12日 新野淳一コラム

「ストレージ仮想化」や「Software-Defined Storage」はどこへ向かうのか?

ストレージをソフトウェアで構成、管理する「ストレージ仮想化」や「Software-Defined Storage」の波がやってきています。ベンダー側の動きも活発になっており、各種製品が提供されるように...
新野淳一氏
2015年06月30日 新野淳一コラム

なぜインテルはアルテラを買収し、FPGAをXeonに統合しようとしているのか?

インテルは2015年6月2日、アルテラを約2兆円で買収することを発表し、Xeonプロセッサに「アルテラFPGA」を統合していくことを明らかにしました。アルテラはチップ内部のロジックをソフトウェアによっ...
DBパフォーマンス改善ソリューション【後編】ハードウェア・アプローチでDBを高速化!~フラッシュストレージによるI/Oボトルネックの解消~
2015年06月09日 技術解説

DBパフォーマンス改善ソリューション【後編】ハードウェア・アプローチでDBを高速化!~フラッシュストレージによるI/Oボトルネックの解消~

大量かつ鮮度の高い情報を活用することで、企業はビジネスの現状を正確に読み解き、将来を予測した意思決定の実現、それを受けた迅速なアクションの展開、業務オペレーションの効率化など、いわゆるデータドリブン経...
1 2 3 4