技術解説

EMC Isilon解説【後編】大容量監視映像の効率的な管理を実現するNASソリューション

 セキュリティ対策や工場における品質管理など、幅広いビジネス領域で活用されているのがビデオカメラによる映像監視です。最近ではこの分野でもデジタル化が進んでおり、HDDに保存した大量の動画データをどう保存・管理するかが大きな課題となっています。こうした用途でも大きな力を発揮してくれるのが、スケールアウトNAS「Isilon」です。

幅広い事業領域で活用される映像監視システム

近年では、オフィスビルや商業/公共施設など、様々な場所に監視カメラが設置されるようになりました。このため監視カメラといえば、まず防犯/セキュリティ分野での利用が思い浮かびますが、実はその適用領域は他の分野にも着々と広がっています。たとえば、工場における生産ライン管理や作業動線の改善、食品トレーサビリティの確保など、産業分野でも積極的に活用されるようになっているのです。

もっとも、こうした映像監視システムを効果的に運用する上では、課題となる点も少なくありません。より高精細な画像で記録されたいとか、フレーム数を落とさず記録されたいとか、記録された映像の保管期間が長期化していく事への対応など、映像監視システムに対してのニーズは、今後も増大していく傾向にあります。従来型のNVR(Network Video Recorder)では、容量に対する制限もあり、かつ、各拠点での分散配置をする必要などから、システム規模の増大にともない、VMS(Video Management Software)を導入するケースが増えています。

例えば、NVRの場合では、カメラと紐づくNVR内のLUNとマッピングされるため、各拠点への分散配置と規模の増大とともに、管理ポイントが増えていきます。その結果、全体システムの運用管理工数も増大することを意味しています(図1)。

図1:NVRによる映像監視システムでは、規模が大きくなるほど、物理的な管理負荷増大・拠点ごとのHDD容量不足などの問題が発生図1:NVRによる映像監視システムでは、規模が大きくなるほど、物理的な管理負荷増大・拠点ごとのHDD容量不足などの問題が発生。
VMSは、これら「高精細化対応」「多フレーム保存化」「長期間保存化」「統合監視」「中央へのシステム統合」などがしやすい製品といえるのですが、大量のデータを、管理面・信頼面を高めながらシンプルに運用いただくためには、VMSと連動させるNASストレージも、気にしていただくべき重要なポイントとなります。
増え続ける大容量映像データをワンボリュームで管理
このように映像監視システムの活用においては、ストレージシステムへの目配りも重要なポイントであることが分かりますが、そこで注目したいのが、スケールアウトNAS「Isilon」です。
Isilonの特長は、ストレージシステム全体を1つの巨大なボリューム/ファイルシステムとして取り扱える点にあります。Isilonは、最大144ノード・20PBもの拡張性を有していますが、この中を細かくボリュームに区切ったりする必要はありません。いくらHDDの容量を追加していっても、接続している機器からは常に単一のボリュームとして見えるのです。この特性を生かし、PCサーバとVMSを利用し監視映像の長期保管をIsilonに統合するソリューションが実現できます(図2)。
図2:Isilonによる映像監視システム構成イメージ図2:Isilonによる映像監視システム構成イメージ
映像をアーカイブするIsilonは常に単一のボリュームとして認識されるため、監視カメラの追加や変更を行った場合も、その都度ボリュームの再設計やRAIDの設定などを行う必要はありません。これにより、運用管理負荷を大幅に削減することができます。容量増設の作業についても、新しいノードを接続してボタンを押すだけと非常に容易。時間も60秒程度しか掛かりませんから、監視映像データの増大にもスピーディに対応できます。

データの長期保管コスト削減にも貢献するIsilon

また、映像監視システムにIsilonを適用するもう一つの利点として、映像データの長期保管を効率的に、かつ低コストに行えるという点が挙げられます。セキュリティ/内部統制や、トレーサビリティ確保などの取り組みにおいては、ずっと以前に撮影された映像を後から利用するケースも想定されます。しかし、今すぐ使わない映像のために、高額なコストを投下するのは企業にとって大きな負担です。その点、Isilonには、データの自動階層化機能やアーカイブ用途向けのニアラインモデルなど、データの長期保管コスト削減に役立つ様々な方法が用意されています。

米国のVMSソリューションベンダーの中には、こうしたメリットを高く評価して自社ソリューションにIsilonを採用する企業も相次いでいます。またメーカーであるEMC社でも、この動きを後押しすべく、国内外の有力VMSベンダーとの協業を進めています。

東京エレクトロンデバイスでは、効果的な映像監視を実現するための有力なソリューションの1つとしてIsilonを位置付けています。国内市場でトップクラスを誇る導入実績で培った経験とノウハウを活かし、今後もお客さまの課題解決をご支援していきます。

Tweet