技術解説

静的データの並列処理を高レベルに実現する
エンタープライズ向けの「NGINX Plus」とは?

予想外のクライアント増加により、Webサーバーのパフォーマンスが悪くなることがあります。そこで注目を集めているのが、大量のアクセス処理を得意とするOSSの「NGINX」です。さらに、アクティブヘルスチェックやセッション維持機能などOSS版で実装されていない機能をすべて使用できる商用版の「NGINX Plus」により、可用性の確保と運用の簡素化を実現できます。本稿ではNGINX Plusの基礎機能を解説します。

  • Webパフォーマンスの課題を解消する「NGINX Plus」とは
  • NGINX Plusで大量データの並列処理が低負荷で実現
  • NGINX PlusとBIG-IPの棲み分けでセキュリティ向上
  • 製品導入から技術支援までワンストップで対応

Webパフォーマンスの課題を解消する「NGINX Plus」とは

デジタルトランスフォーメーション(DX)の加速や市場ニーズの変化を受け、近年のWebサービスには柔軟な機能拡張とリリースサイクルの高速化が求められています。もともとWebサーバーの代表的なソフトウェアにApacheがありますが、クライアント数が1万台に達すると、ハードウェアの性能に問題がなくともレスポンスが悪化してしまう「C10K問題」が発生する可能性があり、ビジネストレンドへの対応が困難でした。

C10K問題を解決するためにつくられたのが、OSS(オープンソースソフトウェア)のWebサーバー「NGINX」です。高速・軽量・安定性が評価され、2021年5月にはApacheのシェアを抜いて、世界一使われているWebサーバーとなりました。

その商用製品である「NGINX Plus」は、OSS版のすべての機能に加え、APIゲートウェイ、キャッシュ、ロードバランサWebアプリケーションファイアウォール(WAF)、Webサーバーといった、独自のエンタープライズ向け機能をオールインワンで利用できるソリューションです。また、メーカーからの技術サポートを受けられるのも特長です。これにより、セキュリティの向上と可用性の確保、システム運用の効率化を実現できます。

NGINX Plusで大量データの並列処理が低負荷で実現

ここからはNGINX Plusの基本機能をいくつか紹介します。

 

・Webサーバー

NGINX PlusはNon-Blocking I/Oのアーキテクチャを採用しており、複数のリクエストを並列かつ素早く処理することが可能です。これより、処理における負荷を抑えつつ、HTMLや画像などの静的コンテンツを大量に処理することができます。

 

・リバースプロキシ

NGINX Plusをアプリケーションサーバーの前に配置することで、リバースプロキシとして利用することができます。これにより、Webシステムの負荷分散やセキュリティの向上が実現できます。

 

ロードバランサ

クライアントからのトラフィックを背後のサーバーに均等に渡したり、サーバーの状態を見ながらトラフィックを渡したりと、最適なコントロールによってレスポンスの低下を防ぎます。

 

・コンテンツキャッシュ

静的コンテンツをNGINX Plusでキャッシュすることで、エンドユーザーに素早くコンテンツを返します。これによりWebシステムの高速化が実現するほか、リバースプロキシやロードバランサとの併用によって、より高い効果を発揮できます。

 

・Ingressコントローラー

KubernetesのロードバランサであるIngress環境として、NGINX Plusを利用することができます。なお、Ingress環境にWAFの機能を持たせられるのが、NGINX Plusの強みになっています。

 

NGINX PlusとBIG-IPの棲み分けでセキュリティ向上

F5ネットワーク社では、DNSやWAFなどの機能をアドオンできるL7ロードバランサとして「BIG-IP」を提供しています。主にBIG-IPはインフラ基盤を得意としており、NGINX PlusはWeb環境を得意としています。

 

それぞれの強みを活かし、DNSやWAF、ロードバランサといったインフラに近い部分をBIG-IPが担当し、アプリケーションの領域をNGINX Plusが担当するWebサービスをよりセキュアに展開することが可能になります。

製品導入から技術支援までワンストップで対応

本資料はNGINX Plusの基礎をわかりやすく解説するとともに、NGINX configを書くにあたってのポイントや、NGINX Plusでよく使われる基本コマンドの一覧を紹介するなど、まさに「NGINX Plus」の基礎を知るうえで最適な入門書となっています。

 

なお、東京エレクトロンデバイスはF5製品に関して豊富な実績を持っており、現在ではF5国内販売額7年連続No.1の一次代理店となっています。NGINX Plusだけでなく、NGINX App Protect、NGINX Controller、NGINX Ingress Controllerといった幅広いラインアップを取り揃えており、専任体制で営業・技術支援を行っています。

 

本記事の全体(ホワイトペーパー)PDF 6ページは下記よりダウンロードいただけます。

資料の一覧が表示されますので「ホワイトペーパー:NGINX Plus基礎解説-NGINXconfigの書き方入門-」を選択してください。

資料ダウンロード

NGINX Plusについてのお問い合わせは下記よりお願いいたします。

お問い合わせ

 

「負荷分散/ロードバランサー」に関連する製品・サービス