製品情報

F5 | F5 Distributed Cloud Services(F5 XC)WAAP(F5 XC エフファイブ エックスシー)-東京エレクトロンデバイス

F5 | F5 Distributed Cloud Services(F5 XC)WAAP

SaaS型のマルチレイヤーセキュリティ対策

F5 | F5 Distributed Cloud Services(F5 XC)WAAP

F5 Distributed Cloud Services(F5 XC)WAAPでアプリを保護・展開

F5 Distributed Cloud Services(以下、F5 XC)WAAPはSaaS型セキュリティサービスで、DDoS保護、WAF、Bot対策、API保護などのマルチレイヤーのセキュリティ対策の機能を提供します。ハイブリットクラウド、マルチクラウド環境に分散されたアプリケーションのセキュリティを単一のポリシー、単一のコンソールで保護できます。

F5 XC_WAAP
F5 XC_WAAP

WAAPは「Web Application and API Protection」の略で、2017年にGartnerにより提唱された次世代のWebセキュリティ概念です。
現代のWebアプリケーションやモバイルアプリでは、APIの仕組みが不可欠となっておりAPIの利用は急激に増加していますが、それに伴いAPIを利用した攻撃も増えており従来のWebセキュリティの考え方では守れない領域が増えてきています。
WAAPは従来のWebセキュリティに新たにAPIの保護も考慮したセキュリティ対策です。


デモをご希望の方はこちら

上記ボタンをクリック後、お問い合わせフォームの「F5 XC WAAPデモを希望する」にチェックを入れてお申し込みください。

 

ユースケース1

オンプレセキュリティ機器をSaaSに移行して統一

セキュリティ課題

  • オンプレWAFを採用していたが、管理FQDNが増えPolicy Tuningや運用負荷増大が問題
  • WAF、DDoS, API保護を実現しようとすると、様々な機器を組み合わせる必要があることが判明

 

F5 XC導入のメリット

  • F5 XCは高品質なWAFを提供可能
  • 柔軟なWAFのポリシー制御が可能だけでなく、プロトコルやアプリケーションで利用する通信に対し細かな制御が可能
  • 自社でインフラやWAFポリシー管理が不要となり、運用負荷を大きく低減することができた

ユースケース2

オンプレ、クラウドのセキュリティ環境を統一

セキュリティ課題

  • オンプレ、クラウド環境に様々なセキュリティ製品が存在しており、セキュリティのポリシーも統一されていない
  • 管理画面も製品ごとに異なるため、製品毎に学習コストがかかってしまい、運用負荷が増大

F5 XC導入のメリット

  • F5 XCはオンプレ、クラウドなどの環境を問わずに管理が可能
  • WAAPは、DDoS、WAF、Bot保護、API保護などの様々な機能を1つのダッシュボードから管理ができる
  • 管理者・運用者の学習コストも減り、空いたリソースを他の業務に割り当てることができるようになった

主な特長

DDoS対策

ネットワーク及びアプリケーションレベルのリソース保護を行います。 日本では、東京と大阪にスクラビングセンターを設置し、より発生源に近いロケーションでDoS攻撃をブロックします。また、特定のIPからの攻撃をブロックするカスタマイズルールの作成も可能です。

F5 Distributed Cloud Services WAAP_DDoS対策

WAF

実績豊富なBIG-IP AWAFエンジンを搭載したWAFです。

シグネチャベースの識別

データベース内のシグネチャを用いて悪意あるリクエストを検知します。

攻撃のtypeやViolationsの種類毎のチューニングも可能です。

柔軟なポリシー設定

シグネチャベースのポリシー制御ではなく、HTTPのメソッドやヘッダーなど様々な情報を使った柔軟なポリシー制御が可能です。

F5 Distributed Cloud Services WAAP_WAF

Bot対応

シグネチャベースのBot保護に加えて、AIを使用したトラフィックの解析で攻撃者のふるまいを検知した保護を行います。 Java ScriptやSDKで、キーボード入力やマウスの挙動などのデータを収集し、人の動きを装ったBotの攻撃から保護する事ができます。

F5 Distributed Cloud Services WAAP_Bot対応

API保護 & API Auto Discovery

API通信を学習することでSwaggerファイルを生成し、これをベースとしたAPI保護ポリシーを作ることが可能になります。 これにより、APIのセキュリティポリシーの設定と導入にかかる時間を短縮できます。 また、API通信を可視化することもでき、異常なAPIアクセスを早期発見することができます。

F5 Distributed Cloud Services WAAP_API
 
本製品に関する詳細やデモは下記よりお問い合わせください。

デモをご希望の方はこちら

上記ボタンをクリック後、お問い合わせフォームの「F5 XC WAAPデモを希望する」にチェックを入れてお申し込みください。

お問い合わせはこちら

 

メーカー情報

「ネットワークセキュリティ」に関連する製品・サービス