導入事例

株式会社ベネフィット・ワン 様

サービス

Office365の導入にあたり「TED Office365宛先リスト配信サービス」を採用
想定されていた運用上の課題を解決し、安定した利用環境を実現

お客様の課題

  • 日々更新されるOffice365宛先リストの運用上の課題をクリアしたい
  • サービスの拡張により、利用してきた BIG-IP の性能が不足

TEDのソリューション

  • Office365の宛先リストを自動配信し、運用工数も軽減
  • 提案から導入、運用まで、手厚く迅速なサポートを提供

導入製品

  • BIG-IP Local Traffic Manager(LTM)

導入ソリューション

  • TED Office365宛先リスト配信サービス
上田 正三 氏

株式会社ベネフィット・ワン
システム開発部
インフラチーム長
上田 正三 氏

大塚 一矢 氏

株式会社ベネフィット・ワン
システム開発部
インフラチーム
大塚 一矢 氏

福利厚生事業をはじめ、さまざまなサービスを展開している株式会社ベネフィット・ワンでは、Office365の導入にあたり、F5ネットワークス社製「BIG-IP LTM」とともに、「TED Office365宛先リスト配信サービス」を採用しました。Office365の宛先リスト更新という運用上の課題を解決し、安定したOffice365利用環境を実現しています。

Office365の導入とトラフィック分離が課題に

「良いものをより安くより便利に」を企業理念に、さまざまな企業のニーズに応えるサービスを提供している株式会社ベネフィット・ワン。福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」をはじめ、モチベーション向上支援サービス「インセンティブポイント」や、個人向けグルメサービス「食べタイム」など、多様なサービスを展開しています。

 同社では従来、こうしたお客様サービス向けネットワークの負荷分散に、F5ネットワークス社の ロードバランサー 「 BIG-IP 」を導入していましたが、サービスの拡大、お客様の増加に伴い、いくつかの課題が生まれていました。

「以前から導入していた BIG-IP の性能が不足してきたため、リプレースを検討していました。同時に、メールシステムのリプレース時期にあったため、社内でOffice365を導入する検討が進んでおり、導入するのであれば、お客様サービス向け回線と社内利用回線のトラフィックを分離する必要があると考えていました」(上田氏)

従来、同社ではインターネットに出る回線を1本しか持っていませんでした。Office365を導入するのであれば、回線を2本に増やしてトラフィックを分離しようと考えたのです。

「そこで東京エレクトロンデバイスに相談し、提案してもらったのですが、既存 BIG-IP を活用した提案で内容も良く、Office365を導入する上で最適なサービスだと感じました。担当の方の説明もとても丁寧で、保守・サポート面も含めて安心してお任せできると考え、提案を採用しました」(大塚氏)

「TED Office365宛先リスト配信サービス」を採用

お客様サービス向けのネットワークに最新の「 BIG-IP LTM」を導入し、さらにインターネット回線を増設して、社員がOffice365を利用するためにネットワーク構成を変更しました。既存の BIG-IP を、社員が利用するネットワークに設置し、あわせて今回、「TED Office365宛先リスト配信サービス」を採用しました。

 Office365の宛先リストは日々更新されるため、この更新作業を手作業で行うことは大きな負担になりますが、Office365宛先リスト配信サービスを利用することで宛先リストは東京エレクトロンデバイスにより常に自動更新され、 BIG-IP は東京エレクトロンデバイスのOffice365宛先リスト配信サービスから自動的に更新データを取得します。そのため、管理者はメンテナンスが自動化され、運用の負担から開放されます。また BIG-IP が、保持するOffice365のアドレスリストと合致した通信は、プロキシサーバーを介さずインターネット向けのゲートウェイへトラフィックを転送するため、プロキシサーバーの負荷問題も解決します。

「Office365側で宛先リストが変わってしまうという運用上の課題は以前から把握していました。Office365宛先リスト配信サービスを利用すれば、その都度更新する工数を省けて運用が楽になりますので、採用の決め手の1つでした」(大塚氏)

採用決定後の、 BIG-IP LTMおよびOffice365宛先リスト配信サービスの導入に際しては、東京エレクトロンデバイスが積極的に支援を行いました。

「ネットワーク構成が変更になりますので、そうした設計も含め、東京エレクトロンデバイスからは多くのアドバイスや支援をしてもらい、スムーズに導入することができました」(上田氏)

運用負荷を軽減し、安定したOffice365の利用を実現

導入完了後は、メールとコミュニケーション(Skype)を利用しているOffice365についても、お客様サービス向けの負荷分散についても、とくに大きな問題はなく、安定して利用できています。現在はベネフィット・ワン全社員でのOffice365利用に向けて、移行フェーズに入っています。

「本社だけでなく、支社や営業が外出先などでもOffice365を利用しますが、現在のところ問題なく利用できています。もちろん、お客様サービス向けのネットワークも安定しています」(上田氏)

BIG-IP LTMとOffice365宛先リスト配信サービスの運用については、まったく手間が掛かっていないと大塚氏はサービスを評価しています。

「自動で更新されますので、宛先リストの変更は意識する必要がありません。そこが良いサービスだと思います。何の問題もなく、今回の導入には大変満足しています」(大塚氏)

ベネフィット・ワンでは今後も安定したサービス運用に向け、インフラ整備を続けていきます。最後に今後の展望をお聞きしました。

「今後、インフラ基盤の刷新などもありますが、将来を見据えて柔軟に対応できるインフラを整備していくことが、私たちインフラチームの使命です。東京エレクトロンデバイスには、これからもいろいろと相談させてもらいながら、良いパートナーとして協力を期待しています」(上田氏)

ソリューション紹介

プロキシバイパスソリューション「TED Office365宛先リスト配信サービス」

F5ネットワークス社の「BIG-IP」を利用してOffice365の宛先を参照し、BIG-IPが保持するOffice365のアドレスリストと合致した通信をプロキシサーバーを介さず、インターネット向けのゲートウェイへトラフィックを転送することでプロキシサーバーの負荷問題を解決するサービスです。日々更新されるOffice365の宛先リストは東京エレクトロンデバイスが常に自動更新し、BIG-IPが「TED Office365宛先リスト配信サービス」から自動的に更新データを取得するため、導入後の運用負荷を軽減することもできます。

「BIG IP LTM」を活用したTED Office365宛先リスト配信サービスの構成

ピンチアウトで拡大

  • Office365宛先リスト配信サービスにより経路負荷を分散
  • 宛先リストの更新を意識せずに運用が可能で、工数も軽減

お客様プロフィール

会社名
株式会社ベネフィット・ワン
本社所在地
東京都千代田区大手町二丁目6番2号 JOB HUB SQUARE 9階
設立
1996年3月15日
代表
代表取締役社長 白石 徳生
WEBサイト
https://bs.benefit-one.co.jp/BE-ONE/
株式会社ベネフィット・ワン様

記事は 2018年01月 取材・掲載のものです。

キーワードに関連する製品・サービス

パフォーマンス改善