製品情報

Apstra Operating System(AOS)

分散ネットワークオートメーションシステム

Apstra Operating System(AOS)

今までには無いインテント(意図)ベースネットワークシステム

Apstra 社がご提供する「Apstra Operating System (AOS)」はClos IP Fabricなネットワークインフラを自動で

構築します。目的・用途毎に実現したい要件をGUI上から定義をしていく、今までにはない「インテント(意図)ベースなソフトウェアソリューションです。特定ベンダーのスイッチに縛られる事無くマルチベンダーでこれを実現します。
構築後はテレメトリー機能によりリアルタイムにネットワークインフラがモニタリングされ、常に最適な状態で稼動出来るようサポートします。ネットワークのデザイン・構築・運用(ライフサイクル)の自動化支援とそれに伴うOpexの削減を実現します。

アプローチは「インテント(意図)ベース」

  • 意図(インテント)を記述

    実現したい機能要求をGUIから誰でも簡単に定義が可能

  • テンプレートを選択

    マルチベンダー使用時においても個々の製品知識不要

    ネットワークをテンプレート化することで誰でも同じ構成をデプロイする事が可能

  • ブループリントの生成

    GUIから数クリックするだけで自動でOSにあった設定投入

    悩ましいケーブリング接続情報を自動で作成することで構築負担を軽減

  • デプロイテレメトリー

    機器の状態、ケーブリングの妥当性をリアルタイムで検証し、管理者へ表示

主な特長

実現したいことをGUIから定義するだけ

インテント

ラック数やサーバー数、Spine、Leaf、External、Routerなどの実現したい「インテント」をGUIから設定していくだけで最適なネットワークのデザインを設定する事が出来ます。

マルチベンダーのスイッチをサポート 

マルチベンダー

IPファブリック内で複数ベンダーのスイッチが混在する環境での構築・運用が可能です。同じポート構成が取れるスイッチであれば、同一ベンダーのみならず、他ベンダーのスイッチへの交換もサポートします。

 

実環境への投入

Blue Print

GUIから数クリックするだけで利用するスイッチにあった設定投入を自動で行います。様々なベンダのスイッチを用いたい環境下においても、容易に環境構築する事が出来ます。

 

 

 

テレメトリー機能

テレメトリー

Apstra AgentとAOSサーバーの通信により、従来の死活監視では難しかったネットワークシステム全体の可視化と障害の局所化が可能になり、運用効率の向上と早期障害復旧を支援します。

 

 

 

テレメトリー

IPファブリック内のIPの到達性や稼動状況をモニタリングし、異常を検知した場合にスイッチやインターフェースの死活監視のみならず、結線やコンフィグレベルで障害箇所を可視化し瞬時に特定する事が出来ます。

ケーブリング

ケーブリング

従来人が作成・管理していたケーブル接続情報はAOS上で作成し外部に出力する事が出来ます。これを見て配線を行う事でケーブリング作業における煩わしさを無くし、安全に環境構築する事が出来ます。

仕様

よくあるご質問

製品について

一番の製品メリットは何ですか。
CLOS IPファブリックの構築から運用の自動化をマルチベンダー環境下で実現することにより、構築・運用コストの削減が可能になります。
ライセンス体系を教えてください。
課金対象は、スイッチをベースにした年間またはサブスクリプションライセンスです。

導入について

納期はどのぐらいかかりますか。
ご指定頂く許諾日に合わせて納品します。
国内における導入実績を教えてください。
2018年4月時点で、10社程度の実績があります。

機能について

日本語のマニュアルはありますか。
ライセンスをご購入頂いたお客様向けに日本語のマニュアルをご用意しています。

仕様について

スペックを教えてください。
弊社のホームページ以外の詳しいスペックは「お問い合わせフォーム」または「お電話」よりお問い合わせください。

価格について

定価を教えてください。
定価につきましては「お問い合わせフォーム」または「お電話」よりお問い合わせください。

メーカー情報

キーワードに関連する製品・サービス