製品情報

Netskope | Netskope for IaaS

単一コンソールでIaaSの通信もコントロール

Netskope | Netskope for IaaS

IaaSを使う上での課題って?

ピンチアウトで拡大

クラウドファーストの時代背景の中でIaaSの活用が各企業で一般的となってきている一方、課題もあります。
例えばオンプレミス環境と同等のセキュリティ対策が必要となりますが、
IaaSの構成メニューは多岐にわたるため構成ミスと不正アクセスは大きな課題となります。

 

 

 

Netskopeで解決!

 

Netskope For IaaSではAmazon Web Service(AWS)、Microsoft Azue(Azure)、Google Cloud Platform(GCP)に対応しておりAPIを利用し、会社で契約しているIaaSの環境を可視化します。また、コンプライアンスに即したセキュリティ設定が誤っていないか第三者機関のベンチマークを利用し一貫した設定とデータ管理を実現します。

主な特長

Netskope for IaaS

Iaas特徴

ピンチアウトで拡大

 

Netskopeコアエンジン

認可・不認可インスタンスのリアルタイムによる可視化と制御

CISベンチマーク

AWS、Azure、GCP上のセキュリティ設定を継続的監査と自動修復

DLP

S3バケット/Blob/GoogleCloud Storageに保存された機密データの特定

高度な脅威防御機能

Anti-Virus、Sandbox、ヒューリステック検知、ランサムウェア検知など

インシデント対応

脅威の優先度付け、直感的な調査対応、再発するアラートに対する自動応答

ピンチアウトで拡大

また別オプションライセンスであるNetskope Active Platformを併用いただくことで 会社契約のインスタンスからファイルをダウンロードし、個人契約のインスタンスに ファイルアップロードをリアルタイムに制御することが可能です。

Netskope for IaaSの
技術サポートについてはこちら

※上記技術サポートについては近日発表予定です

メーカー情報

「サンドボックス」に関連する製品・サービス