技術解説

【第5回 PowerScale Isilonコラム】PowerScale Isilon SSD・HDDモデルを用途に応じて階層化

私たちが扱うデータの形態は、文書や画像、映像、分析用のビッグデータなど、ますます広がりを見せています。 多種多様なデータを適切に保存・運用していくにはどうすればよいか、IT担当の小駒理さんがお困りのようです。

お問い合わせはこちら

多種多様なデータを適切に保存・運用していくにはどうすればよいか

IT担当:小駒理さん

IT担当:
小駒理さん

多種多様なデータを適切に保存・運用するには、どうすればいいんだろう。

はかせ

保井北教授

それなら、用途に応じて保存先ストレージを配置する「階層化」を検討したら
よいぞ。
・性能重視:SSDモデル
・容量重視:HDDモデル
PowerScale Isilon製品はSSD、HDDモデルを組み合わせて階層化が
できるのじゃ!

ストレージ階層化イメージ(サムネイル)

IT担当:小駒理さん

IT担当:
小駒理さん

どのようなSSDモデルがありますか?

 

はかせ

保井北教授

FシリーズのオールフラッシュモデルがSSDモデルじゃ!性能や容量に応じて、
F900/F810/F800/F600/F200があるぞ!

 

IT担当:
小駒理さん

PowerScale Isilonには、いろいろなオールフラッシュモデルが揃っていますね!

IT担当:小駒理さん

IT担当:
小駒理さん

実際の性能はどのぐらいなのでしょうか。。。

 

はかせ

保井北教授

東京エレクトロンデバイス社がオールフラッシュモデルF200とHDD(SATA)モデルH400を使って、SPEC SFS 2014 SP2で性能比較の実機測定を行ったそうじゃ。その結果は、、、かくかくしかじかじゃ!

IT担当:小駒理さん

IT担当:
小駒理さん

教授―! 実際の結果を見たいです!

 

はかせ

保井北教授

この記事の下にある「お問い合わせ」から、F200とH400の性能検証結果を問い合わせてみるとよいぞ。

 

IT担当:
小駒理さん

お問い合わせすれば実機測定の結果が得られるのですね!
この後、さっそく問い合わせてみます!!

編集後記

 

これで小駒理さんもストレージの階層化を検討できそうですね。

ご要望に応じたPowerScale Isilonモデルをご選定いただく際のご相談については、下記「お問い合わせフォーム」よりお気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

関連する情報

「フラッシュストレージ」に関連する製品・サービス